人気ブログランキング | 話題のタグを見る

②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食


更新を通知する

4/5の発生したNYエリア(NJ震源M4.8)での地震、そして、4/8の皆既日食と自然現象に注目の時でした!

②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07201808.jpg


まずは、4/5の地震ですが、NYの地下は岩盤ということで、地震はないとされていますが、そうでもなく・・・、私としては、この30年間でNYで体感した3度目の地震でした。今回の震源は、私が住むNJ州でしたが、震源浅く体感的に震度2程度の揺れでした。場所や建物によっては震度3-4と、それぞれ揺れのレベルは異なったようです。
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_11525399.jpg


この地震Mapご覧の通り、米東海岸の地震はレア ↓
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_11524970.jpg


NJ&NYで起きた地震の記録として、1737年12/19,NYで起きたM5.1、1783年11/30,NJで起きたM5.1、1884年8/10,Brooklyn,NYで起きたM5.3、近年では2011年にマンハッタンで発生したM5.8というのがありましたが、あまり揺れなかったような。揺れは震源の深さにもよるでしょう。
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_11521824.jpg


携帯電話に地震警報が伝えられたのは、発生してから15分後でした。事前予告はなく、日本とは違いますね。日本人は地震慣れしていますが、ここ東海岸では何十年に一度起こるかの頻度ですし、最初、爆発とか工事によるものとか様々だったようです。
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_11554471.jpg


今回のM4.8震源地は、ハンタードン郡,NJのReadingtonあたりで、どこも大きな被害がなかったようです。この辺りはアパラチアン山脈のラマポー山地の一部分で、今回の揺れは実際は22回計測されていて、体感するほど大きいのは2回だけでした。私は、坐骨神経痛があったのですが、この地震の後に痛みが消えたのでした。
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_11560185.jpg


②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_11574110.jpg
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_11574502.jpg

以下、記録として・・・

テクトニック概要
ニューヨーク-フィラデルフィア-ウィルミントン都市回廊における地震
植民地時代から、ニューヨーク-フィラデルフィア-ウィルミントン都市回廊の人々は小さな地震を感じ、時折大きな被害を被ってきました。

ニューヨーク市は1737年と1884年に被害を受けました。都市回廊内のどこかで、適度な被害をもたらす地震がおおよそ半世紀に2度、小さな地震がおおよそ2〜3年ごとに感じられます。中部および東部アメリカ合衆国における地震は、西部アメリカ合衆国よりも頻度は低いものの、通常ははるかに広い地域で感じられます。

ロッキー山脈の東側では、同じマグニチュードの地震でも西海岸よりも10倍広い範囲で感じられます。東部アメリカ合衆国でのM4.の地震は、通常、発生した場所から約100km離れた場所でも感じられ、発生源近くで被害を引き起こすことは稀です。M5.5の地震は、通常、発生した場所から最大500km離れた場所でも感じられ、時折、40 km(25 マイル)離れた場所でも被害を引き起こすことがあります。断層地震はどこでも、通常は数マイルの深さにある岩盤内の断層で起こります。都市回廊の下にあるほとんどの岩盤は、およそ5億〜3億年前に超大陸が形成される過程で大陸同士が衝突してアパラチア山脈が形成された時に組み立てられました。残りの岩盤のほとんどは、約2億年前に超大陸が引き裂かれ、現在の米国北東部、大西洋、ヨーロッパが形成された時に形成されました。

カリフォルニアのサンアンドレアス断層などのよく研究されたプレート境界では、科学者が地震の責任がある具体的な断層の名前をよく特定できます。対照的に、ロッキー山脈の東側では、これはほとんど起こりません。ニューヨーク市、フィラデルフィア、ウィルミントンは、最寄りのプレート境界から遠く離れており、それは大西洋の中心部やカリブ海にあります。都市回廊は既知の断層で絡み合っていますが、数多くの小さな断層も存在しています。



*4/7、この日の朝陽はキラキラ輝きが増していました。

②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07465789.jpg


お花日和となり、セントラルパークへ花見へ
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07210138.jpg


盛り盛りなマグノリア(=モクレン)
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07210975.jpg


オベリスクの周囲も華やか
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07211666.jpg


これは”こぶし”というそうで、白の方がメジャー。
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07212428.jpg

どっしりした幹が日本ぽく・・・
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07213795.jpg

多くの人が花見をしていました。
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07213143.jpg

*4/8,
そして、話題となった北アメリカを横断した皆既日食・・・この皆既日食Xは、元Twitter=現在のXの由来だそう。
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_12205181.jpg


この日の空は朝からゴージャスでした。私は、一日中眠気がありました。
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07215025.jpg

②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07215712.jpg


いよいよ皆既日食が始まる3:00PM・・神々しすぎます!
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07220674.jpg


マックスを迎える時間に雲がやってきて、太陽が隠れてしまいそうに・・・ですが、逆に雲がフィルターの役目となり肉眼で見られるほどになりました。目には優しく、保護にはよいですね。
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07221040.jpg


私はスマホで撮影したら、こんな感じで、左下に見える反射しているグリーンの方が三日月の太陽の形を示しています。
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07220085.jpg

この瞬間神々しかったです。こんな雲が現れて・・・
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07221418.jpg

②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07222069.jpg

ポリスも巡回しいました。
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07222491.jpg


こちら友人Tさん撮影、日食メガネを通してスマホ撮影という。
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_12210375.jpg

写真お借りしました!
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_12210836.jpg

すごい!
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07224604.jpg

こちらSNSから引用!
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07225879.jpg

マンハッタンでの様子。
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07230898.png


大勢が一斉に太陽を見るという・・・1つのことを共有し共感できることにワクワクしました!天体祭りね!

②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07242511.jpg

朝からずーーと眠い一日でした。




**********179.png日本滞在記のつづき**********

*3/1,
東京では四谷にスティし、早速友人Tちゃんがこの春卒業したのホメオパシーのカウンセリングを受けました。過去からの病歴や体質、精神面も含めて、生まれてから今に至る全ての症状などを問診表に書き出します。

大病や大怪我はないものの、ちょっとした神経痛や体質変化など、結構リストにするとあるものだと気づかされました。そこから総合して、Tちゃんが、私に必要なレメディを処方してくれます。2時間ほどかかりました。Tちゃんは、翌々日からハワイへバケーションとのこと。
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07310150.jpg

この日の夜は東京駅へ。
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07243671.jpg


東京駅前の新丸の内ビルへ。東京駅のライトアップは情緒があります。
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07244587.jpg


②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07245198.jpg


新丸の内ビル内にある北海道のお寿司屋さんへ。
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07245611.jpg


友人Kちゃんが常連ということで、お薦めのお寿司屋さん!それはそれは美味しかったです!NY価格だとこれは$150-200
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07234182.jpg


デザートは、その近くのカフェで、プリン!マイバースデー月ということで、プリンでお祝いです。Kちゃんも翌日からハワイへバケーションとのこと。
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07250238.jpg



ホテルからの夜景・・・満月近く
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07255601.jpg


朝、客室のテラスから富士山が見えました。
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07260474.jpg


*3/2,この日は神楽坂へ。
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07264369.jpg

和風懐石レストラン”花かぐら”、70年前の雛飾りだそうです。
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07262163.jpg


②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07272116.jpg


ここの花御膳が食べたくて・・・選択しました!
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07270086.jpg


ランチを共にしてくださったご夫妻は、ご存知プッチーの元里親すっとこご夫妻!プッチーが11月末に天国へ旅立ってしまったので、これはお斎ということで。
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07280945.jpg


愛しのプッチーを忍び、思い出話に花が咲き、プッチーのフォトブック進呈。↓
これはプッチーがまだ元気な昨年夏に、たまたま好意で私の知らぬ間に作成してくれてたフォトブック。とても喜んでくださって・・・火葬場でお分けしてくれたプッチーの毛もお渡しし・・3人でウルウル。
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_11430865.jpg


久しぶりの再会嬉しかったです!ウルトラマン↓もMr.も健康へと導いてくれたヒーリングキャットとしてのお役目終えたプッチーもあちらで喜んでいることでしょう。
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07274169.jpg


私は別件での二次会へ移動し、uma神楽坂でのイベント”ひな祭り着物Jazz”を鑑賞。このべジランチは友人がオーダーしたもので、撮影だけです。はい
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07281600.jpg


②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07282114.jpg


着物姿でのゲストも多く、良いな~と。Yohさん&Umaちゃん お疲れさま!
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07290289.jpg


東京の叔母が他界して早くも3年が経ち・・・お参りしました。
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07283351.jpg

②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07293307.jpg


この日も充実の一日でした。
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07293913.jpg


*3/3,京橋へ向かいました。
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07295463.jpg



春をイメージしたゴージャスなディスプレィ
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07303344.jpg


この下はカフェになっているのです。
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07300975.jpg


あるイベント会場へ向かう途中、丁度、東京マラソンと出くわし、しばらく交差点で足止め。
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07303823.jpg



マラソンの様子を動画で

足止めしながら、応援しました!多くの外国人も参加していたのです。だからでしょうか⁉都内のホテル、この前後混雑していました。
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07305073.jpg



午後2時からスタートした3.3コラボ講演会。

随分前からSNSで滝沢泰平氏のことは知っていましたが、本人と会うチャンスなく、今回の東京滞在中に東京講演があると知り、事前に申し込み、友人Ayaさんも行けることになり、一緒に行ってみました。

②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07312071.jpg


168.pngこちら滝沢泰平氏の講演内容の動画:

https://youtu.be/k3Lz3JElIyY?si=PZ9ja61KK1xtUltl



滝沢泰平×長典男さん×鳴海周平さんの3.3コラボ講演会。
鳴海さんはユーモアがあり、会場は笑いの渦・・長さんは誠実なお人柄が伺えました。
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07320840.jpg


泰平さんと長さんの奥様方・・このお二人の女神にもお会いしたかったので嬉しかったです!
受付やビデオ収録など、裏方のお仕事もされていました。

②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07321608.jpg


泰平氏のインスタより

②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07320277.png


お薦めの書籍
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_09315609.jpg

お薦めのアニメ
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07315431.png


*3/4,元NY在住の友人SさんとNY在住で同じ時期に日本に来ていたTさんと目黒でランチ
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07325845.jpg


3人で3種のパスタシェアで
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07330887.jpg



目黒雅叙園で開催されている「百段雛祭りと千年雛めぐり」へ。

②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07331542.jpg


パンデミック中は、このイベントは中止されていたそうで、今回は4年ぶりの開催だそう。
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07341028.jpg



江戸時代から令和までの雛飾りが勢揃い
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07341572.jpg


詳細は不明ですが、江戸後期に作られた享保雛や古今雛など。
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07342091.jpg


②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07342448.jpg


②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_11523693.jpg


吊るし雛
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07343755.jpg

②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07355058.jpg


②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07350825.jpg

ミニチュアな世界逸品も
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07351404.jpg


百段階段の部屋ごとに様々な雛飾りが展示されています。
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07351951.jpg


雅な平安絵巻を圧巻のスケールで表現している座敷雛。
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07352590.jpg



この大広間での雛飾りの全景を動画でどうぞ!



「百段階段」とは通称で、ホテル雅叙園東京の前身である目黒雅叙園3号館にあたり、1935(昭和10)年に建てられた当館で現存する唯一の木造建築。

食事を楽しみ、晴れやかな宴が行われた7部屋を、99段の長い階段廊下が繋いでいます。 階段は厚さ約5cmのケヤキ板を使用。 階段で結ばれた各部屋はそれぞれ趣向が異なり、各部屋の天井や欄間には、当時屈指の著名な画家達が創り上げた美の世界が描かれています。

"昭和の竜宮城"と呼ばれた当時の目黒雅叙園の建物の特徴は、装飾の破格な豪華さにあります。 最近の研究によると、その豪華な装飾は桃山風、更には日光東照宮の系列、あるいは歌舞伎などに見られる江戸文化に属するものとも言え、なかでも「百段階段」はその装飾の美しさから見ても、伝統的な美意識の最高到達点を示すものとされています。 2009(平成21)年3月、東京都の有形文化財に指定されました。

②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07361501.jpg


②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07360987.jpg


猫雛段も登場です!
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07362110.jpg


手毬による装飾
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07363662.jpg


雅叙園のロゴは、なんと龍と鳳凰!
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07364266.jpg



西日が眩しい西新宿ヘンジ
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07365561.jpg


「③.琵琶湖周遊と竹生島」へつづく




***********174.pngNY編**********


*4/7,春のメトロポリタン美術館へ
しかも朝一の9時に入館!
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_11522225.jpg



なぜならMet.メンバーの友人とメンバーだけが入れるラウンジにて朝食。
Tiffanyで朝食を!ではなく、Met.で朝食を!
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07571244.jpg


こちらがBreakfast・・・マフィン・クロワッサン・スコーン・ヨーグルトとゆで卵、コーヒー
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07571990.jpg


そして、メンバーさんは9時から入館鑑賞可能だそうで、10時はまだ人も疎らでした。
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07573405.jpg


右側のオレンジの壁部分は、元々の美術館エントランスでした。左側は増築された建物ということ。
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_08020927.jpg


空いている
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07575223.jpg


②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07574370.jpg


後方の絵画の女王が身に着けているクラウン
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07575950.jpg


今回、初めて日本語ツアー(60分)に参加してみました。日曜日(11:15)、火曜日(11:15)、木曜日(11:15)
予約不要で、Patio from the Castle of Vélez Blanco(Point Gallery534)に集合です!
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07580793.jpg


こちら見覚えありませんか?スタバのロゴマークのモデル・・ギリシャ神話に登場する人魚”サイレン”
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07581448.jpg



エジプトのアスワンダムが沈む危険にさらされ、アメリカがそれを救済し、そのお礼として1978年、エジプトからアメリカにギフトとして贈られた神殿で、4年かけて神殿のブロックをつなぎ合わせたそう。

壁画一部には、古代エジプト時代を復元した配色で表現してくれています。
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07582158.jpg


ツアーで説明していただくと、より深く知識が身につきます。
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07583073.jpg


ゴージャスなTiffanyステンドグラス・・・ボストンのある富豪がカスタムオーダーした約2000ピース使用されているステンドグラス。しかし、完成する前に富豪の主人は他界してしまい、ここに寄贈されたそう。
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07584123.jpg


ここが美術館で一番古いスペース
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07584846.jpg


この日のガイドさんお気に入りの絵画だそう。フランスの作品で、当時フランスでは女流画家は貴重だったそう。
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07585584.jpg



絵になっているなぁ・・おじさま
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07590077.jpg


「受胎告知」の作品には必ず白百合と白い鳩が描かれています。白百合は純潔の象徴、白い鳩は聖霊を意味している。
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_08002051.jpg


60分ほどの日本語ガイドツアー、とてもよかったです。ガイドさんはボランティアで、私の友人も週末担当しています。Keikoさんという女性が担当したら、お声かけてみてください。
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_07591527.jpg


4月後半の数日間、25-28度となったので、八重桜が一気に開花しました。
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_11431442.jpg


春が来た・・・4月のNYは一年で一番雨が多い時期でもあります。
②.千年雛巡り鑑賞と東京グルメ&NY花見と皆既日食_d0367842_11431904.jpg



前回のブログで紹介した銀之輔さんの動画の後編になります。”毎日が日曜日”て。





長くなりましたが、今回も最後までお読みいただき、ありがごうございます。110.png





# by yukistar888 | 2024-04-18 11:49 | 日本の旅 | Comments(0)

①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見

更新を通知する

アッという間に4月となり、久しぶりのブログアップになります。109.png

日本に3週間半滞在し、3月半ばにNYへ戻りましたが、2月後半から3月半ばにかけて、日本は真冬並みに寒かったです。2月前半は暖かい日々が続いていたと聞いていたので、春物の洋服ばかり持参していたのですが、冬のダウンコートも手放すことなく、ずっーと冬支度で過ごしていました。
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_07211175.jpg


4月に入ってからのNYも例年より寒く、日本もNYも強風が吹く日が多く、天候不安定な早春を迎えておりますね。
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_08053293.jpg


日本から戻ってきた翌日は3/20,春分の日でしたが、前日(3/19)に日本でこの日暈を目撃していました。
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_07212284.jpg


*3/20,春分の日の朝陽
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_07212782.jpg


173.pngホロスコープメッセージ173.png

4/2,情報とコミュニケーション星・水星が逆行に転じます。4/26迄。

今回水星逆行の舞台となるのは牡羊座。牡羊座は、12星座のトップバッター、あらゆる物事のスタートを統括するサイン。となれば、スタートできないという状況に陥る可能性は容易に想像できるでしょう。準備不足だったり調査が十分でなかったり、スタート直前に不備が発覚したり・・・

いずれにせよ、準備が整わないという状況が考えられます。最悪、スタート、ローンチ自体が取りやめになることもあるでしょう。中止になるか延期になるかはケースバイケースです。もうひとつ、ぜひ心に留めておいていただきたい影響があります。

注目したいのは愛と美の星、金星の動き。金星は4/3魚座28度で海王星とコンジャンクションしたあと、4/5に牡羊座へ移動。金星が牡羊座にステイする4/28までは新しいもの、初めてのことがツキを呼びます。

・新しい服や靴を買う
・新しいヘアスタイルにする
・オープンしたてのお店に入る
・初めての食材にトライする

こんなふうに身近なところでさまざまな初めてを楽しんでみてください。

①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_07251250.jpg

4/9は牡羊座の新月。2週間前の月食に続き、今回も新月のパワーアップバージョン、日食です。アメリカでの皆既日食は4/8。

牡羊座が意味するのは他の誰でもない、自分自身。家族でも友人でもパートナーでもなく、あくまでもあなた自身のありかたが問われる時。人によっては人生に全面改訂をかける必要があるかもしれません。

なんといっても皆既日食ですから。そこまでいかなくても人それぞれ。何かをブレイクスルー必要はありそう。

あなたの可能性を制限しているものは何なのか。なにがあなたの上限になっているのか。皆既日食のパワーを借りて、それを超えることを意図してみてはいかがでしょ。(Keiko)
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_07250890.jpg


神々しく輝く朝陽
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_07214243.jpg


*3/25の満月
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_07231077.jpg

①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_07231384.jpg

*3/22の太陽
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_07284680.jpg


*3/23,大雨が降り洪水となる場所も。この春は毎週のように豪雨から洪水注意報が出ております。                                                                                                                                                                                                                                                      
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_07240665.jpg




***********179.png 早春の日本滞在記************


*2/22,猫の日。早朝羽田空港に到着し、京急線で浅草まで。とても便利ですが、朝早すぎて殆どのお店はまだ開いていません。

①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_07374110.jpg

①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_07374887.jpg


卒業式シーズンのディスプレイ。
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_07375423.jpg


北関東の実家では、小松菜、カキ菜、ワサビ菜、明日葉、セロリ、セリなど摘んでいただきました。
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_07413875.jpg


実家から出てきた古銭・・・銭形平次のドラマに出てきたような江戸時代の古銭「寛永通宝」も。富士山や鳳凰の絵柄はなかなか!価値はあるでしょうか?

①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_07512430.jpg


*2/24,足利にて、駅弁販売をやっていたので、峠の釜めしやタコ弁当をゲット!
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_07380973.jpg


Google Mapから目に留まった目的地は”天空テラス”、高台からのヴューが気持ち良さそうという理由で選択!
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_07381979.jpg


確かに景色良くて気持ち良い!
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_07383564.jpg


と、その隣には・・・もれなく大岩山毘沙門天(足利)があるのでした!
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_07382699.jpg


大岩天空テラス
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_07384837.jpg

①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_07384228.jpg




こちらの正式名は、「真言宗 豊山派 大岩山 多聞院 最勝寺. (大岩山毘沙門天).」
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_07385716.jpg


①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_07405241.jpg




大岩山毘沙門天の御神杉の木前にて、音叉奉納です。

①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_07391389.jpg

①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_07390393.jpg



というわけで、ここからのお導きにて、今回の日本での聖地巡り ぼちぼちスタートとなります!
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_07392558.jpg


①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_07393122.jpg



続いて太田市の呑龍様へ。
この松の木は見事な龍神のお姿ですが、既に枯れていて・・この神社も昔に比べると衰退してきたので、松の木は察しているかのよう。
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_07393667.jpg


①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_07394330.jpg


天女
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_07394876.jpg


屋根の上にニャンコ発見!
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_07395831.jpg


カフェ”呑龍文庫ももとせ”へ立ち寄りました。
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_07404196.jpg

①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_07401462.jpg

稲穂も飾られていて、陶器もセンスよく落ち着くカフェです。
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_07410821.jpg


日本全国のお茶の種類が豊富で、和菓子も美味!極上の葛きりをいただきました。
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_07412033.jpg


①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_07412789.jpg


今回の日本滞在中に、癌治療中の友人と癌サバイバーの友人とお会いする機会がありました。

*2/27,
5年ぶりくらいに再会した同級生K氏。彼は昨年膵臓と肝臓癌を発症し、昨年夏から現在にかけて抗がん剤治療中とのこと。前回の帰国の際にお会いするチャンスなく、今回お会いしてみると、全く病の相もなく、髪の毛も普通に生えていたり、腫瘍も以前より小さくなっているということで、元気な様子で安心しました。

本人いわく、昨年秋は体力気力的にドン底だったようですが・・・。抗がん剤治療を受けながら適度な運動もしているということで、ステージ4というと一般的には重度と思われますが、末期がんから回復したケースは何件も聞いていましたので、この調子でいけば回復へと向かうのではと思えました。

医療の統計的な推測はあくまで統計。私が思うに、彼は40年間喫茶店オーナーとして勤めてきたことが、いつのまにかストレスとなり、そこを手放したことで、マインドがリラックスし、精神的にゆとりある方向へと解放されたことが何より回復へと導かれたのではないかと感じています。

病の原因の一番は、外的要因のケースを除くとなんといっても”心”です。ストレスや我慢が病の元・・・そして、食生活など生活習慣も影響していきます。

①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_07422460.jpg


ランチをしたイタリアンレストランのこのパスタ、めちゃ美味しかったです!
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_07423397.jpg



そして、もう一人は京都在住の友人で、2016年(当時50代半ば)にステージ2の大腸癌を発症し、2度の手術後、リンパ管への転移が見つかり、8ヶ月間抗がん剤治療を受け、翌年には骨盤内リンパに転移しステージ4と診断され、先進医療の重粒子線治療を受けたそう。ですがその数ヶ月後、両肺に転移し、根治治療不可とのことで余命1年を告げられたそう。そこで医師より延命治療への打診を受けたそうですが、QOL(生活の質)を落とさないため、自分の意志で治療を中止し、翌年(2018年)からシリカ成分の高い水(宮崎県小林市/霧島連山の水)を水素水に生成し飲み続けたことで、両肺の癌も消え、63歳の今現在、すこぶる元気な体調に戻ったそうです。水を飲む前に、毎回「治る!」と言霊を伝えてから飲んだそうですが、お水に良き波動を伝えることの効果ももちろんあります。

彼いわく、治療の途中でDr.にご自分が癌になったら、抗がん剤治療を受けるか聞いたところ、「No!」なんだそう。以前からそれは聞いていましたが・・。

①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_07423944.jpg


A氏のこの奇跡体験が朝日新聞に掲載されたそう。
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_00044834.jpg


また、NYの友人より紹介された書籍があり、「目覚めの刻-二度生まれし者のために(森貴浩著者)」、こちらは前立腺癌を患い、3日で回復したというミラクルストーリーのようです。私もこれから読んでみようかと。
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_08330906.jpg


水素水には以前より注目していて、ただまがい物もあるので、友人が実際に使用した信用ある製品を購入しました。水素水によって病を乗り越えられ救われたこと、そして、この体験を活かし、水素水商品の販売を手掛けるようになり、病院で見放された患者さんへ繋ぐことも生きがいとなったようです。本人いわく、死の淵からの生還により、まだ役目があるのかなと、水素水で可能な限りサポートしているようです。興味ある方は、繋ぎますので遠慮なく。
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_23493437.jpg


宮崎小林市の霧島連山の水は、シリカとマグネシウム成分の多い天然水。私も日本滞在中に飲んでみましたが、まろやかな軟水です。
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_07413330.jpg


実家ではお料理三昧・・・大豆煮、春野菜の天ぷら、海鮮鍋、厚揚げとこんにゃく煮など。
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_07415167.jpg


母は、カブの浅漬け奉行
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_07420571.jpg


父は、90歳で安全運転。
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_07421281.jpg


東京在住の従姉が2/27 OAのNHKうたコンで、加藤登紀子のバックコーラスで歌っていました。TVモニター撮影!
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_07454028.jpg

①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_11572561.jpg


しっかり映っていましたよ!      ↓
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_07455089.jpg



これは、なかなかな良き体験ですね。かっちょい~!
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_07455562.jpg


冷え込む2月末・・・3/1から東京へ移動しました!
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_07432351.jpg


「②.日本滞在記-東京グルメ&千年雛めぐり鑑賞」へつづく





*********174.pngNY編*********


3月末のマイバースデーにお花をいただきました。

①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_08124511.jpg


当日、行き当たりばったりで選択した近所のイタリアンレストランがヒット!
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_08122823.jpg


シュリンプスキャンピ-パスタも美味しく・・・
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_08121524.jpg


初めてのレストランにも関わらず、on the houseでティラミスを。ありがとうございます!
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_08492498.jpg


拙宅で友人とシャンパン
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_08121156.jpg


*3/29,Good Fridayの日に友人らとNJ郊外でランチ。

ルナちゃんも元気です!
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_08515383.jpg


”入れておくれにゃ”
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_08513777.jpg


猫のいる暮らしは和みますにゃ。
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_08521830.jpg


乳製品、動物性油不使用
いつも美味しいビーガンランチ@Kuniko's Cafe
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_08493017.jpg


こちらでもシャンパンで乾杯!お心遣いに感謝です!
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_08122138.jpg


*3/31,Easter Sunday, 静かな晴天・・・日暈も登場!
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_08120099.jpg


①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_08120745.jpg


Easter Sundayに、近所の公園へお花見!
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_08150192.jpg


枝垂れ桜も満開でした!
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_08154329.jpg


①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_08113577.jpg



これにて、今シーズンの花見は完了!
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_08150925.jpg


①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_08113043.jpg

①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_08114076.jpg

①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_08162130.jpg


復活祭にふさわしい神々しい空雲の一日でした!
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_08162839.jpg


日本でTV放送していたイギリスのストリートキャットBob!
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_08164986.jpg



薬物中毒の更生中のホームレス青年Jamesが、野良猫Bobと出会って人生が劇的に好転する実話でした。人間をレスキューした猫だもの。
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_08165474.jpg



「ボブという名の猫」というタイトルで映画化されました。
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_08165959.jpg


2020年6月に14歳で、天国へ旅立ってしまった。生きていたら会いに行きたかったです。
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_08170464.jpg


ワンコは、耳をたなびかせていました。
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_08585993.jpg


在りし日のプッチーくん
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_08210996.jpg



同時期に日本へ行っていたNY在住の友人宅の猫ちゃん、友人が帰ってきた日に息を引き取ったそうで、待っていたのですね。泣けます。2/14のバレンタインデーに会っていたのですが、その時はとても元気そうでしたから、ショックです。ネネちゃん安らかに。
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_11425331.jpg


プッチーといい、この2,3年内に友人らの猫ちゃん達があちらにいってしまいました。猫界は何を急いでいるのか。
①.早春日本滞在記と大病から回復&春分の日とお花見_d0367842_08204201.jpg


ご存知の方もいらっしゃると思いますが、最近の動画でズッシリ響いた内容をシェアします。(前編)




最後まで読んでくださって、ありがとうございます。178.png



# by yukistar888 | 2024-04-03 11:51 | 日本の旅 | Comments(0)

②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY

更新を通知する


旧暦での2024年は明けましたが、宇宙カレンダーでは、3/20の春分の日から2024年幕開けとなります。

以下、ホロスコープメッセージ by Keiko

厳しい教師との異名をとる天空のお目付け役の土星」。土星も人生に必要不可欠な惑星です!

その理由は土星が「安定」をもたらす星だから。

・安定した仕事
・安定した収入、財産
・安定した人間関係
・安定した感情、メンタル
・安定した体調・・・

どれも幸せを実感するのに必要なもの。
そんな土星の恩恵をめいっぱい受け取ることができるタイミングが、もう間もなくやってきます!不安がある方は、土星のサポートを受けてください。


金星と冥王星がぴったり重なりました。このアスペクトが暗示するのは、あるものへの「傾倒」。なにかに「くびったけ」という状態です。
ここでの金星は大好きなものの象徴。音楽や趣味、場所、商品、あるいは食べ物・・・という可能性だってあるわけで、たとえばこれまで軽い気持ちでやっていたダンスに、本気で打ち込むようになったり。

要は、のめり込んじゃうわけで、冥王星が「復活」「再生」を促す惑星であることを考えれば、むかし打ち込んでいた趣味やお稽古事、研究などを再開するのもいいでしょう。「いつか機会があったらまたやりたいなあ・・・」と思っていたものがもしあるなら、今週中がベストタイミング!


②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_01585058.jpg


ちなみにこのコンジャンクションが起こるのは水瓶座0度。

「仲間」
「チーム」
「コミュニティー」

を意味する水瓶座ですから、できれば
一人でやるのではなく、仲間をつくり仲間と一緒に楽しむ!趣味や志を同じくする仲間とつながることこそ、2024年開運ポイント!

19日午後、太陽が水瓶座を離れ魚座に入り、いよいよ2023年最後の1ヶ月とは、宇宙カレンダー上の話ですが。宇宙エネルギーレベルでは、太陽が牡羊座に入った日に1年が始まりますから、3/20が2024年のスタート日。

それまでの間、太陽は魚座にあって、これがまさに「宇宙元旦に向けての準備期間」になるわけで、なかでもぜひやっておきたいのが2023年で終わらせるものと、2024年に持ち越すものの仕分け!

人間関係であれ仕事であれ、「新しい年に持ち越したくないな・・・」と感じるものは、年が変わるのを機にキレイさっぱり手放しましょう。

ここで必要になってくるのが情に流されない勇気!太陽が魚座にある時期はどうしても情にほだされてしまう。その結果、やめたいのにやめられなくなったり、本当は手を切りたいのにそれができなくなったり・・・ということが十分起こり得ます。

でも、ここは合理的にいきましょう。この時期意識すべきは足枷を手放し、できるかぎり身軽になっておくこと。 

「新たなチャンスが舞い込むスペースを準備する」今週やるべきことはまさにこれなのです。

②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_11315309.jpg


2/24、乙女座満月。魚座とペアを組む乙女座は現実的な対処を得意とするサイン。たとえば・・・

・望まない方向に進んでいるものを軌道修正する

・うまくいかないものに効果的な対策をこうじる

・状態のよくないものを理想の状態にもっていく

・体調やコンディションを改善する

・混乱しているものを整える

乙女座には、先週の水瓶座のようになにか革新的なことをやってのけるスケール感こそないものの、身の丈レベルの問題を改善するのにバツグンの力を発揮します。



***************174.pngジャマイカの旅のつづき****************

*2/2-4,

到着した1/30は一日曇りで風強く、翌日1/31,2/1も雲が多く、風もやや強めで波も高かったです。・・・が、day3-5と日に日に風も穏やかに、晴天が続くようになり、カリブ海らしいいつもの陽気に。


風のない穏やかなビーチの動画





②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_11543059.jpg


カリブ海の島々は、冬季がベストシーズンですが、では夏は閑古鳥が鳴くのかと思いきや、北半球が夏の頃 南半球は冬なので、夏は南米含む南半球からのツーリストで賑わうそう。夏のシーズンの方がお得パッケージが出るようだが、晩夏から秋にかけてはハリケーンシーズンであります。


プールサイドでエクササイズするツーリスト


近所のMallへ再び・・・現地アーチストの作品が並ぶアートギャラリーにて。

②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_11384809.jpg


ナチュラル系ショップ。ジャイカこそ、CBP,Hemp系は地産が豊富!
②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_11385692.jpg


Bob Marelryのグッズも
②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_02103186.jpg


シンガーの足踏み式アンティークミシン!
②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_11390143.jpg


ホテルには3匹ほどの猫ちゃんがいたのですが、そのうちの1匹とのご縁があり、Mr.が「プッチー!」と呼んだ暁にゃ、ヒョコヒョコずーと後をついてきてしまい、プールサイドまで同行。”Hello!プッチー!”
②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_11395615.jpg


まぁ!異常な懐きようで、周りの人からも「your cat?」と笑われたり・・
②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_11394839.jpg


甘えてるにゃ
②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_02452217.jpg


このベタベタぶり仕草といい、これはMr.ラブのプッチーでしょ?!
②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_11400467.jpg


プッチー降臨てことです!
②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_11431644.jpg


フレンドリーでナデナデさせてくれたし、私も嬉しかった!一緒に来てくれたんだね。
②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_11440987.jpg


毎食後には、プッチーにもご飯をおすそ分けしました。彼のテリトリーにいつもいるの。
でもね、どうやらBob(Bob Marelryの名前が由来らしく)て名前があるらしい。
②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_11442104.jpg


ほんと可愛い子!こんなにも懐いてくれて、連れて帰りたかった!離れるのが名残惜しぃ



ディナータイム
②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_11453044.jpg


今夜はアジア系レストランへ
②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_11451723.jpg


Yakitoriというので、焼き鳥?と思ったら・・・
②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_11454132.jpg


好きなプロティンを3種類選択し、炭火で焼いてもらうわけです。
②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_11471970.jpg


私は、チキン、ステーキ肉、お魚にしました。
②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_11490341.jpg



相席となったお隣のカップルは、イギリスからいらしたツーリストで、ロンドンからジャマイカまで10時間のフライトと。来春、日本へ行くプランあり、お薦めスポットをお伝えしました!広島も入れてね!彼らはベジタリアンなので、お豆腐や野菜中心でしたが。
②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_12093352.jpg
 

旅の間、毎日3食しっかり食べているので、食後はジムでエクササイズ。
②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_11502284.jpg

②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_11501693.jpg


朝陽を浴びて・・
②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_11520826.jpg





②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_11522753.jpg

毎日1-2時間は海で泳ぎます!
②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_11523319.jpg


②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_11524020.jpg


 ユニークなビーチタオルのアート
②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_11534272.jpg


②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_11534778.jpg


海へ空へ、大地へ祈り・・・音叉も奏でました!
②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_11584853.jpg


フレンドリーな魚たち


日本は漁獲が盛んなので、なかなか見られないかもしれませんが、本来お魚もフレンドリーなんです。以前紅海に行った時も足にまとわりついてきました。ここでも魚たちが、私が移動する度についてきて、足の周りにジ――としているのです。
②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_11570453.jpg


ビーチに磐座のような巨石が
②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_02100711.jpg


美しいピンクや白の小石を砂浜で
②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_11562493.jpg


海岸で拾った小石の中にハート現る。
②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_11563655.jpg


なるべく野菜中心に
②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_11565543.jpg


Jamaica産Ackeeという果実は、料理されたものの見た目は卵の黄身みたいで、お味はアボガドと黄身のような。熟れていないうちに食べると猛毒で死に至るが、熟れたものを調理したらOK! 果物の味はしないのです。
②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_08254735.jpg


All inclusive良し悪し?!
②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_11550031.jpg



夜空にオリオン座が見えた。夜になると宇宙を見せてくれる惑星は珍しいのだとか⁈

②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_11550812.jpg



ナイトショーでの澄んだ素晴らしい歌声、大好きな曲"HALLELUJAH"Leonard Cohen





アメリカ人カラオケ大会は、実に賑やか!




みんなヘッドフォンをして、口々に歌ってた?!何かと思ったら、”サイレントディスコ”というらしい。新人類のエンタメかな?!

②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_11552568.jpg


イタリアンもいただきました。ご馳走さま!
②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_11561588.jpg


*2/4,5泊のジャマイカを終え、立春の日に帰ります。
②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_11572329.jpg


昨年に引き続きお世話になりました。ありがとうJamaica!
②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_11573442.jpg


フロリダの北側・・・最近、気流が激しいです。
②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_11574059.jpg


パラダイスでは、共にいらした家族や仲間たちとワイワイ笑顔で過ごしているし、人種違えど皆フレンドリーに接してくれる!そんなhappiness&onenessが好きなのです!
②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_11513409.jpg


そして、帰ると・・・Bob Marleyの映画"Bob Marley One Love"が2/14に封切られた。36歳という若さで生涯を終えた彼の半生を描いた映画!もちろん観ました!
②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_08353564.jpg

バレンタインデー史上最高となる興行収入約1400万ドル(20.9億円)を記録。公開初週のオープニング興行収入は約2770万ドル(41.5億円)で首位デビューを果たし、ボブ・マーリーの聖地ジャマイカでは、公開初日記録を塗り替えるジャマイカ史最高の興行収入に達したそう。だよねー!


ジャマイカから帰ってきて、2日後に風邪をひいてしまい、1週間ほど寝込みました。どうやら、同じタイプのウィルスが流行っていたようで、発熱、頭痛、中には胃痛の症状が出た人も・・・そういう私も胃にきてしまい、これまたデトックス!海で泳ぎすぎたでしょうか?!
②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_12001332.jpg





NY地方、2/13,17とまとまった雪が降りました。
こちらは2/13
②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_12005624.jpg


173.png2月ホロスコープメッセージ by Yukari Ishii

水星、金星、火星の「冥王星詣で」。1/21に冥王星が水瓶座入りし、そこからなんとなく流れが変わった、という人も少なくないかもしれません。ただ、この「流れの変化」はメインストリームではなく、「もっと大きな曲がり角を曲がる前に、寄っておかなければならない場所がある」的な変化だったのかなと思います。2月はその、水瓶座の入り口に出張っている冥王星の前を、水星、火星、金星がぞろぞろ通ってゆく時間となっています。水瓶座は新時代や未来と関係の深い星座です。山羊座という伝統的な世界から出てきた星々が、水瓶座の入り口で圧倒的な迫力の冥王に「アップデートしろ!」といわれているような感じもあって、とても興味深い動きと思います。

②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_02103890.jpg

冥王星は「破壊と再生」の星とされ、地下の金脈、深い欲望、支配や性的な力、圧倒的暴力、隠蔽と露呈、などのイメージをはらんでいます。普段は見えないもの、大きすぎて意識しづらい力などが、冥王星の管轄です。たとえば私たちは地球の上で常に自転や公転の力を受けていますが、それを「動き」として体感することはできません。むしろ「日が昇った・沈んだ」というふうに、外部の天体が動いていると感じているほどです。社会的にも、圧倒的に大きな力や強い力は、「そういうものだ」と受け取って、意識にすらのぼりません。実際にはその力から本当に直接的な影響を受けているにもかかわらず、そのことがわからないのです。冥王星はたとえば、そのような力を象徴しているのでは。

②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_12013169.jpg

ただ、そうした力も時々、何らかの形で意識化されることがあります。自分に及んでいる圧倒的な力が弱まったり、その力から何らかの事情で離れたりしたとき、「そうだ、あんな力が自分に及んでいたのだ!」「絶対変えられないと思っていたのに、本当は変えられるものだったんだ!」などとわかります。この2月の水星、火星。金星の「冥王星詣で」のような動きは、たとえばそんな展開を象徴しているのかもしれません。

水瓶座大集合。
この2月、水瓶座に星が集まり、最大で5星が集合します。2月17日-19日頃です。冥王星が入ったばかりの水瓶座大集合で、多くの人がこれまでにない高ぶり、心の向かう先の変化を感じるのではないかと思います。

水瓶座は広い人間集団、市民社会、開かれた世の中といったイメージの星座で、この時期多くの人々が「自分のことだけ考えていてはいけない」という思いを抱くことになるかもしれません。山羊座はどちらかと言えば既存の集団をガッチリ守る世界観なのですが、水瓶座は利己と利他、敵と味方といった対立を相対化し、別の関係性を生み出そうとする世界と言えます。

水瓶座は集団の星座であると同時に、「自由の星座」です。自由と孤独はよく結びつけられますが、水瓶座の世界では仲間を持つことと自由であることは、全く矛盾しません。むしろ両者は、よく調和します。ゆえに、この時期は多くの人が「より自由に生きるために、新しい人間関係を作る」ことを目指すのかもしれません。
②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_12025349.jpg

この2月の星のありようは、全体に、「立場を超えた行動」「枠組みを超えたアクション」を感じさせます。「正しさ」がルールの箱の中から抜け出していくような、そんな解放感が感じられます。たとえば、突然のトラブルや災害などの時は、人々は普段の役割の枠組みの外側に出ることになります。いつもの自分の役割の外に出て「何をすべきか」と考える、そんな雰囲気がこの2月にはぎゅっと詰まっているような気がするのです。
②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_12023233.jpg

水瓶座と牡牛座の90度。
天王星は木星と牡牛座に同座しています。上記の天王星に集まった星々と、牡牛座2星は次々にスクエアを組みます。90度はなかなか鉄火な角度で、物事が色々な意味で「ハード解決」していく雰囲気を感じます。色々な話が「やわらかくおだやかに」は済まず、ゴリゴリぶつかりながら転がっていくのです。

ただ、この時期は水瓶座と牡牛座のやりとりが緊密なため、衝突や摩擦が即「分離」とはならず、粘り強くゴリゴリと「ぶつかり続けていく」「削りあい続ける」みたいな感じがあります。「ケンカ別れ」にならず、徹底的にぶつかりあって、最終的に丸くなめらかに噛み合う、という流れがあるのかなと思います。いろいろな話が「話」だけに終わらず、お金やもの、現実的な力関係の変化に直結します。あくまで「現実が動いて行く」時です。広く経済や金融の世界にも、ゴリゴリした変化が起こりそうです。根本的で、どこか破壊的でもあります。


(2/17の雪景色)
②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_08334543.jpg

10日に水瓶座新月、24日に乙女座満月。
10日に水瓶座で新月が起こります。牡牛座の天王星とスクエアを組み、バキッとした雰囲気のスタートラインです。カベをガツンと破壊して前に進むような勢いがあります。新しい時代、新しい関係性のための第一歩です。ここでは、感覚や感情等、リクツよりも優先されるものがあるかもしれません。もしかすると始まった時点では「なんでこんなことを始めたのかわからない」という気持ちになるかもしれませんし、後になって「あの時はものすごく論理的に行動しているつもりだったけど、実際はそうでもなかった」と振り返ることになるかもしれません。でも、最終的には「結果オーライ」です。

②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_08322315.jpg


24日、乙女座で満月が起こります。土星、木星と調停を結ぶ満月です。とても現実的で、しっかりしていて、「やるべきことをやって、一山越える!」というような転換点です。ここで約束されたことは必ず実行されますし、広い範囲にハッキリした影響を及ぼします。混沌やトラブルへの対処、膠着状態を打開するために必ず必要なステップ、果たされるべき責務の履行、適切になされるケア、たとえばそんなイメージの満月です。
②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_08315516.jpg


②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_08321157.jpg


②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_08321865.jpg

そして、2/22(猫の日)に日本へ入ります。丁度、このようなタイムリーなメッセージがゼウ氏(優花)より入ってきたので、追記シェアしますね。

2/20 大きな宇宙の流れの中で、その日から始まる。日本の国造りが始まる、世界中の流れ、戦争下の中において、環境つくり、国づくり始まるタイミングな時。月のリズムが本来の暦であり、それが加速するのが、この2月から。

国全体にかけて行われる。基盤作りからスタート、この流れの中で、一人一人が出来ることをしていく。日本が守られ、日本が作り上げ、どんな土地なのか学ぶことも必要であり、
国見直しが具体的に始まるのが2/20。

行動できる方には、2年前から準備してきた。2024-2025年のためで、自分で立ち上がる方は既にやっている。今から始める人は、準備してきた方のサポートをされることが望ましい。軽やかな次元に入りつつあるのだそう。これから、あなたは何をしていくのか?

https://youtu.be/aUEzjFyHgis?si=H4ZcbCK3RpvgIXp6

②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_08340722.jpg


2/17に降ってきた雪の結晶は美しかったです!

②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_08315006.jpg


天から舞い降りてきた自然界からのギフトですね!
②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_08315904.jpg


②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_08352507.jpg


在りし日のプッチー!
②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_12060846.jpg

あぁあ、愛おしい。いつも一緒だね。
②.ジャマイカの旅(後編)とOne Love&雪のNY_d0367842_12044176.jpg


今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

いつもの自分の役割の外に出て「何をすべきか」と考える・・・というメッセージ、2月後半も宇宙の流れにのっていきましょう!

1ヶ月ほどブログお休みになります。春の足音は近づいていますが、三寒四温の季節ですので、ご自愛くださいね!





# by yukistar888 | 2024-02-20 13:04 | 世界の旅 | Comments(2)

①.旧正月明け&ジャマイカへの旅(前編)

更新を通知する

2月4日に立春を迎え、2月10日に2024年+水瓶座時代、その日は新月と重なるという最強日!

この新たなスタートの時に、自分が本当に望むべく幸せへの扉への願いを掲げる最高のタイミングではないかと思われます。

私は、旧暦で2023年最後に体調崩し、発熱と胃腸不良によるデトックスがありましたが、どうやら発熱により腸内もクレンジングされたようで、きっと必要なことだったのかもしれません。

体調が悪いと、普段考えないことに思考がいったり、気づかされたり、祈ったりしますが・・・結局最後にいきつくのは感謝の思いなんですね。普段の生活ですら当然のことではなく、今、こうして生かされていることだけでも本当に奇跡。

今までの時代は、努力・実力、勤勉・勤労など競争の中に強いられてきました。ですが、これからの時代はあくせく行動したり、バリバリと過ごすのではなく、こうして生かされているだけでも感謝という思いを素に、同じ価値の仲間と支え合い、心豊かに過ごす、心の在り方がさらに問われる、そんな人間本来の原点に戻りつつあるそうです。

今、受け取られているものがどれだけ満たされ守られているか、今一度見返し、旧正月を機に、毎日感謝のリストを掲げていこうと思いました。


そんな旧正月明け前の1/30-2/4と、年に一度の南国へのバケーションへ出かけました。

NY地方は、1/23-2/3と、曇り雨の日々で、約2週間も太陽が出ていなかったのです。これは記録的なことでした!私は、1/30にNYを離れてしまいましたが、日に日に太陽のない日々に気持ちが沈んでいったので、タイミングよく脱出させていただきましたが・・・。

①.旧正月明け&ジャマイカへの旅(前編)_d0367842_02090402.jpg


NYの友人より、2/3に久しぶりの太陽が出たという連絡があり、実はジャマイカでも到着した1/30-2/2と風も強く、曇りがちでしたが、2/2よりお天気回復し、風も静かになりました。

2/2を境に次元上昇という情報もあり、実は、2/2に直径約290mの小惑星(2008 OS7)が、秒速約18kmで地球から約270万km(月までの距離の約7倍)以内のところを通過するとNASAが発表していました。実際には地球には特に影響はなかったようですが、でも磁場的にはあったのかもしれません。

私は、その時間帯にビーチで泳いでいたのですが、ズキズキ不快な神経痛が出て、夕方にはおさまりました。関連あるかは不明ですが、旧正月明ける前までは何かと予期せぬ体調不良が続きました。

「2008 OS7」と呼ばれるその小惑星は、太陽を962日周期で周回しているため、次に戻ってくるのは2026年となるそうですが、その次に地球へ接近する2037年では、地球から約1600万kmの距離を通過する見込み。

2月2日に地球近傍を通過する小惑星は2008 OS7だけではなく、あと2つ小惑星が近づいているそうで、小惑星2024 BJ3は今年発見された直径約21mの飛行機サイズの小惑星だ。2008 OS7よりもずっと近い86万km以内に接近する。小惑星2024 BP1も飛行機サイズだがやや大きい直径約40mほどで、この中では最も遠い340万km付近を通過するとの予測があります。


NYからジャマイカへ向かう機内にて、8日ぶりに見た太陽
①.旧正月明け&ジャマイカへの旅(前編)_d0367842_02105687.jpg


キューバ上空
①.旧正月明け&ジャマイカへの旅(前編)_d0367842_02102610.jpg


前日は雨、この日は曇りでした。
①.旧正月明け&ジャマイカへの旅(前編)_d0367842_02060116.jpg



ジャマイカに到着する寸前、左前方に海の竜巻が2本見えます。
①.旧正月明け&ジャマイカへの旅(前編)_d0367842_02060507.jpg


ホテルにチェックインし・・・
①.旧正月明け&ジャマイカへの旅(前編)_d0367842_03463409.jpg


complimentary welcome drink
①.旧正月明け&ジャマイカへの旅(前編)_d0367842_03464510.jpg

guest room
①.旧正月明け&ジャマイカへの旅(前編)_d0367842_03485039.jpg


初日の夜、眠ろうとしたら、部屋の中でラップ音がピシッとして、布団の上に誰かのってきたのです。幽霊?と思い、怖くなりましたが、あのステップの感触からすると、どうやらプッチーではないかと思われます。そっかぁ、今度からこうして一緒に旅ができるんだね。いいんだか悪いんだか⁉

①.旧正月明け&ジャマイカへの旅(前編)_d0367842_14300567.jpg


普段より風が強く、波も高め・・・
①.旧正月明け&ジャマイカへの旅(前編)_d0367842_03481692.jpg


いつものMontego Bayとは違うビーチの光景が広がっている。
①.旧正月明け&ジャマイカへの旅(前編)_d0367842_03490404.jpg


ジャマイカといえば”レゲエ界の神童RastamanとBob Marley”!彼らの像やグッズはいたるところに溢れています。
①.旧正月明け&ジャマイカへの旅(前編)_d0367842_03491410.jpg



Yoga
①.旧正月明け&ジャマイカへの旅(前編)_d0367842_03493950.jpg



girlsたちも楽しそう!
①.旧正月明け&ジャマイカへの旅(前編)_d0367842_13244315.jpg


おねだり猫もいらっしゃる。ここがテリトリーなのね。

①.旧正月明け&ジャマイカへの旅(前編)_d0367842_03492621.jpg


猫もゲスト並みの待遇にゃんだね。

①.旧正月明け&ジャマイカへの旅(前編)_d0367842_14361074.jpg

①.旧正月明け&ジャマイカへの旅(前編)_d0367842_03522732.jpg


ホテルのレストランにて
①.旧正月明け&ジャマイカへの旅(前編)_d0367842_14301875.jpg


ランチは、サラダとカレーとグリル野菜で。
①.旧正月明け&ジャマイカへの旅(前編)_d0367842_03512302.jpg


フレッシュな南国フルーツが美味しい
①.旧正月明け&ジャマイカへの旅(前編)_d0367842_03513013.jpg


Buffetは、食べすぎる傾向があるので注意!
①.旧正月明け&ジャマイカへの旅(前編)_d0367842_03513606.jpg



スペシャルディナーのカップル




夜はジャマイカ舞踊のショー。アフリカンチックなリズムで迫力!
①.旧正月明け&ジャマイカへの旅(前編)_d0367842_03515954.jpg


こちらは、Bob Marelry Tribute Show! ハスキーさが似ているかも。
①.旧正月明け&ジャマイカへの旅(前編)_d0367842_03520588.jpg


歌声を動画で!


day3の海と朝陽



day3.4と日に日にお天気もよくなり、風も弱まってきました。

①.旧正月明け&ジャマイカへの旅(前編)_d0367842_03522399.jpg


①.旧正月明け&ジャマイカへの旅(前編)_d0367842_03533188.jpg


①.旧正月明け&ジャマイカへの旅(前編)_d0367842_03532437.jpg


真っ白な石が美しい
①.旧正月明け&ジャマイカへの旅(前編)_d0367842_03554649.jpg


ホテルから車で10分の距離にあるShopping Mallへ行ってみました。
①.旧正月明け&ジャマイカへの旅(前編)_d0367842_03540526.jpg


ヤシの実ジュース
①.旧正月明け&ジャマイカへの旅(前編)_d0367842_03581117.jpg


ジャマイカといえばハイクォリティのブルーマウンテン珈琲の産地であり、どこでコーヒーを飲んでも美味しいです!

島にはUCC(上島珈琲) のコーヒー農園もあり、上質な豆は日本へ輸出されています。ロブスターも収穫しますが、中国へ輸出!
①.旧正月明け&ジャマイカへの旅(前編)_d0367842_03541492.jpg


レゲエなグッズ
①.旧正月明け&ジャマイカへの旅(前編)_d0367842_03542081.jpg


スーパーには、豊富なスパイス!
①.旧正月明け&ジャマイカへの旅(前編)_d0367842_03542678.jpg


1940-50年代に起きたインドの内乱で、インド人はアフリカ、カリブ海の島々、イギリス、中東へと移住し、その後家族も本国から呼び寄せ、各国のインド人移民からインドカレーやスパイスが広まったそう。だからジャマイカのカレーは美味しい!
①.旧正月明け&ジャマイカへの旅(前編)_d0367842_03545067.jpg


日中の気温は25-30℃、夜は20-23 ℃になるので、涼しく感じます。
①.旧正月明け&ジャマイカへの旅(前編)_d0367842_08174476.jpg

アメリカ人ツーリストはカラオケで盛り上がっていました。
①.旧正月明け&ジャマイカへの旅(前編)_d0367842_03553762.jpg


夜は、日焼けした肌のお手入れやセルフリンパマッサージも。
①.旧正月明け&ジャマイカへの旅(前編)_d0367842_03562632.jpg



day4は、すっかり晴天となり、気温上昇、風も緩やかで、いつものジャマイカらしい陽気に。
①.旧正月明け&ジャマイカへの旅(前編)_d0367842_03560110.jpg


①.旧正月明け&ジャマイカへの旅(前編)_d0367842_03570407.jpg


これぞブルーオーシャン&ブルースカイ!
①.旧正月明け&ジャマイカへの旅(前編)_d0367842_03571261.jpg



カリブ海の島々に生息する高周波数を発するコキカエルの鳴き声、自然界のヒーリングサウンズです。

2024,2025,2026年は要の年になります。次元上昇に伴い、多少の困難も出てくると思いますが、全ては良きことのため、地球進化のためであることを忘れずにいてください。

情報や知識はなるべく人を頼らず、自分でリサーチしながら、ご自分の五感六感を磨いていくことをお勧めします。



162.pngママとプッチーのメモリーフォト
もうすぐバレンタインにゃ162.png

①.旧正月明け&ジャマイカへの旅(前編)_d0367842_14244906.jpg


②.ジャマイカの旅(後編)へつづく




# by yukistar888 | 2024-02-10 14:16 | 世界の旅 | Comments(0)