③.3度の臨死体験木内鶴彦氏のお話とふじみ野うさと展&7月の日食月食

今年下半期を迎えるなり、九州、四国、中国、近畿など主に西日本にて、大雨による災害が発生し、被害者も多数出てしまったようで、ニュースを見ながら心が痛みました。

復興へ向け一日も早く・・・といいたいですが、猛暑の中での作業ですし、現場でしかわからない状況もたくさんとあると思います。この災害を乗り越えられますよう祈るばかり。



d0367842_02300471.jpg



*7/6、

レーダーで確認すると、日本列島は、すっぽり雨雲に覆われていました。


d0367842_02303406.jpg


その頃、NYでは下記のような雲が現れていました。なんとなく日本列島を意識したような形でもあり・・


d0367842_05202354.jpg



龍のような・・目が見えます!


d0367842_02313880.jpg



午後7:30には天女のような雲がたくさん現れたのでした。



d0367842_02511881.jpg


まるで雲の女神のような姿


d0367842_02332163.jpg

d0367842_02550622.jpg

d0367842_02573873.jpg


信頼とか希望とか、そんな言葉も浮かんでくるのですが・・・


d0367842_02495414.jpg

d0367842_02584863.jpg



8:30pmには、ゴージャスな夕焼け空が広がり、一体何本の羽があるのか?



d0367842_03022967.jpg


7月の天体によるKeikioホロスコープメッセージを夕焼け空と共に・・・


◆7月13日 蟹座日食(六芒星日食)
◆7月28日 水瓶座皆既月食
◆8月11日 獅子座日食

 この夏はこんなふうに「食」が3回続きます。

「六芒星」は愛と調和のシンボルともいわれます。



d0367842_03023817.jpg


中でも、
 7/28の皆既月食は天王星のホームグラウンド。水瓶座で起こるので、あらゆる分野で
 「予想外」「想定外」のことが起きてくる可能性大。

万が一、自分の意にそぐわない「想定外」が起こったとしても、いずれ、「ああ、こういうことだったのか・・・」と逆に感謝する日がやってくるでしょう。



d0367842_03030650.jpg


飛行中、「飛行機が揺れましても、安全性に支障はありませんのでご安心くださいませ」というアナウンスが流れたりしますが、今回の「食」は、そういうことなんです。

揺れは大きいかもしれないけど、人生が揺らぐことはない、という。
ただし、そのためには3連続食の先陣を切る。


d0367842_03025293.jpg


 7/13の蟹座日食、この日食のエネルギーをしっかり受け取っておく必要があるでしょう。

特に 7/28の水瓶座皆既月食は強烈です。

 このエネルギーに負けることなくしっかり使いこなすためにも、蟹座日食のエネルギーで
 地ならしをしておいたほうが無難です。




グラウンディングや瞑想、水分補給、デトックス的ワーク、そして、断捨離も効果的な気がしています。

このピンクとホワイトのハーモニーがとても美しかった。↓何かが降りていたようにも感じます。

d0367842_03032498.jpg


余談ですが、今回の日本を襲った雨雲を気象レーダーでチェックしていると、不思議なことに気づきました。


d0367842_03035908.jpg


関東の雨雲がある場所を中心に雨雲がはじけて、一定して雨雲がないのです。その中心から四方八方に向け、雲が拡散されるような動きがあり、なんだろう?とMapで調べると、そこは千葉県柏市で、気象大学がありました。


d0367842_03042999.jpg



磁場的な発信?特殊装置でも設置?なぜなのかわかりませんが・・・勝手にそう思っています。

*気象大学に関して:http://www.klchem.co.jp/blog/2016/11/post_2971.php

d0367842_03062050.jpg




また、タイでは、13人の少年が洞窟内で、大雨による増水から遭難し、18日目の10日夜
全員無事救出されたそうで、ホッとしました。レスキューチームのダイバー一人が犠牲となりましたが、勇敢なレスキュー隊の方々は英雄ですね。親族や世界中の多くが見守る中、8年前に起きた南米チリの鉱山で起きた落盤事故、33人の作業員が地下に69日間閉じ込められたことがありましたが、当時の作業員もタイの少年たちに激励メッセージを送っていたそうで、無事に解決してよかったです。


d0367842_12533251.jpg

d0367842_05023706.jpg


そのタイの少年たちですが、洞窟内でも心の安定を保てたのは瞑想していたからなんだそう。以下;

「英ニュース専門局スカイニュースによると、少年たちがこの洞窟を訪れた理由は、「一番奥まで行って壁に名前を書いて戻って来る」という、地元の少年たちがやるお遊び的な「通過儀礼の儀式」の一環だった。ところが、急激に大雨が降ったことで水位が上がり、身動きが取れなくなってしまった。

英紙インディペンデントによると、少年たちは発見されるまで何も食べず、水は洞窟の壁から滴り落ちてくるものを飲んでいた。懐中電灯を1つだけ持っていたが、そのうち電池が切れてしまったという。

食料もない真っ暗な洞窟の中で、わずか11〜16歳の少年たちが9日間も行方がわからないと聞いて、外で待っている人たちも望みを持ち続けるのは難しかっただろう。少年たちの状況は、閉所恐怖症の人なら想像しただけでパニックになってしまいそうだ。

豪紙ジ・オーストラリアンは、捜索で洞窟に入ったダイバーが発見した時、少年たちは瞑想をしていた、と伝えている。体力を消耗しないよう、そしてパニックにならないよう、コーチのエッカポル・ジャンタウォンさんが少年たちに瞑想を教えたのだ。・・・・」







*7/4、アメリカは独立記念日でした。
恒例のMacy's花火は、East Riverから上がるということで、今回はNJ郊外おうちカフェKunikoさん宅のBBQを一緒に楽しみました。カラフルな持ち寄りのデッシュが揃いました。


d0367842_03050482.jpg


エビやハマグリなどのシーフード、焼きおにぎりも焼きました。


d0367842_03063468.jpg


7月Birthday Girlsのお祝いは、Kunikoさんの手作りビーガン桃のタルトで。

夜には蛍も見られたり、美味しくて楽しいひと時でした。
ありがとうございます!


d0367842_03064973.jpg



この夜、雨予報が出ていて、途中ポツポツと降り出していたのですが、空にお願いしたら、雨雲が消えてしまったんです。July 4thの花火もあり、大勢の願いが届いたのかもしれません。



d0367842_03074716.jpg




******** 171.png日本の旅のつづき ********

*5/31、
東京滞在中のこの日は朝から晩まで予定が入っていました。

東武東上線に乗り、ふじみ野まで。狭山や川越にも近い町です。


d0367842_03070408.jpg



車内シートが鮮やかなブルーで、しかもベンチのように2席並んでいるのは珍しく、また東武線内ではFree Wifiが使えるのです。日本はまだまだFree Wifiエリアが少ないので。



d0367842_03071533.jpg


初めての埼玉県ふじみ野駅下車。駅から徒歩20分にある大井弁天の森。


d0367842_03081002.jpg



そこは緑が深く、とても気が良いのです!



d0367842_03083514.jpg


散歩したり、太極拳したり、ジョギングしたり・・そんな住民の姿が見られ、この森を満喫されているようです。



d0367842_03084963.jpg


蛇のような


d0367842_03082353.jpg


お隣には、東原親水公園があります。


d0367842_03091499.jpg


その公園近くのあるカフェ”アクトゥルス ”へ。


d0367842_03092676.jpg


そう、目的はうさと展でした!
日本滞在中、日程が合うとつい行ってしまう”うさと展”。



d0367842_03095898.jpg


この時、店内は二人だけでしたので、ゆったり見ることができました。



d0367842_03094727.jpg

大抵は試着室が満員だったりと落ち着かないことが多いです。


d0367842_03133255.jpg


うさと展を開催するカフェやショップは、ナチュラリスト系が多く、お店の雰囲気もよいし、癒されます。エコやヘルシーな商品も販売していたり・・。そんな出会いも嬉しい。


d0367842_03101085.jpg


チェンマイで作られる天然染めの手織り服。お気に入りがありました!


d0367842_03143809.jpg


この近くに日帰り温泉があるというので、温泉好きとしては寄ってみることに。

真名井の湯といい、眞名井神社は天橋立の奥地にありますが。

http://www.manainoyu.com/ooi/


d0367842_03134639.jpg


わずか1時間だけでしたが、
弱アルカリ性(Ph8.8)露天の岩風呂がとてもよかったです。


d0367842_03135782.jpg



次に高田馬場へ移動し、久しぶりに会う友人と予言カフェで待ち合わせしました!



d0367842_03151852.jpg


相変わらず人気のようで、少し待ちましたが、友人とお話もできたし、メッセージもいただきました。


d0367842_03153018.jpg


早口のわずか3分程度で伝えるメッセージなので、内容があまり理解できていないような感じではありますが(笑)前回来たのは6-7年前でしたが、場所変わりましたね。



d0367842_03154133.jpg


そして、夜は友人Kyokoさんと3度の臨死体験をしている木内鶴彦氏の後援会へ。
人間誰もが経験する死後の世界を彼の体験を通してお話してくださいます。

なんと満席でした!


d0367842_10162726.jpg


肉体を離れ、自由に瞬間移動した体験など、その体験により人生論や物事の見方、地球環境への考え方も変わったそう。また、過去も未来も瞬時に移動が可能で、幽体離脱している時、生きている人とのコミュニケーションできないが、人の肉体に入り込むことで、できるのだと。いわゆる憑依ですよね。頭痛の症状がそうらしく・・・

そして、死後=5次元の世界はつまらないのだとか。なぜならすべてが満たされているから。

ビックバンとは、微粒子の引き寄せ合い。1つの固まりになったものが爆発したことをいうと。

人間の源は藻といわれ、福島の原発にも、放射線が栄養となり藻が作られ始めたとも話されていました。

鬱には、真っ赤に焼けた鉄を水に入れたジューッという音が効果あるのだと言っていました。他には、発酵食品や生命生態系、彗星や天体などのお話も。

また、彼は彗星発見者としても有名で、2126年8月14日の10:35(日本時間)にインド洋付近に直径20kmの隕石が落下すると計算されているようです。木内氏が発見した彗星てことで。118年後、それまでになんらかの対策がなされるとは思うのですが・・。



d0367842_03145992.jpg


木内氏出版の本「臨死体験が教えてくれた宇宙の仕組み」、
私も読んでいたのですが、印象深い内容を紹介します。


d0367842_03141160.jpg


守護神やハイヤーセルフ、HSとは未来の自分!やはり守護的存在は自分自身なのでしょうか。過去も未来も全てここにある!!そして、全てが我ともいいます。



d0367842_10132289.jpg


死後のワンネスへの感覚は、こう表現されています。


d0367842_10135261.jpg



他「臨死体験で明かされる宇宙の遺言」「臨死体験3回で見た2つの未来」など、いくつか出版されています。興味ある方は、どうぞ!




170.png東京滞在では、毎日個人セッションもしていました。
その中のクライアントの一人、元NY在住で、手作りパン教室やコーチングをしているMさんもいらっしゃり、お土産ににゃんあんパンを作ってくださいました。可愛くて食べられない?!創作力もあり、多方面にて活動していて頼もしい。ありがとうござます!



d0367842_03164042.jpg


歌舞伎町へ行く機会もありTimes Sqとどちらが明るいか比較してみたく・・・Times Sq.の方が断然明るいです!各ネオンのサイズが大きいてことですね。



d0367842_03164819.jpg


30年以上のおつきあいなる友人らとの会食も楽しみ・・・

友人でありクライアントでもあり…、皆、酒豪? アッいや、仕事熱心なのです!
元気でいてくれることが何より。



d0367842_04070117.jpg



*6/1、いよいよ旅の始まり・・・奈良へ移動します。

まずはプラン通り、生駒山、奈良の寺・神社へと参ります。


d0367842_03172189.jpg


「④.奈良の生駒山スリランカ王国”Luck Garden"とパワスポ宝山寺」へつづく





花びらのようにモフモフヘアーのプッチーくんのお昼寝ポーズ。



d0367842_04085366.jpg


自慢の長~いシッポも僕の特徴だにゃ。


d0367842_03170025.jpg



*2014年の8月 広島にゲリラ豪雨が降り、土砂災害が発生した。あの日、宮島に泊まっていたのですが、夜中に何度も激しい雷雨とバケツをひっくり返すような雨に驚きました。
また、宮島ではミラクルな出来事もあったのですが、その時の日記です。よろしければ・・・





今も多くの方々が、日本各地で祈りをささげています。

私も引き続き日本の強さを信じて祈りたく思います。173.png








精神世界ランキング 日記・ブログランキング 写真ランキング 旅行・観光ランキング
[PR]

# by yukistar888 | 2018-07-11 12:42 | 日本の旅 | Comments(2)

②.日本の旅、歴史が繋ぐ小幡城下町と楽山園&老化の真相

日本の旅の続きですが、今回 龍神様のご縁もいただき、シンクロなる発見があったり、日本に行く度に、日本は龍神様の深いご加護にあると感ぜずにいられません。

日本の旅のつづきは下記へと続きます。


d0367842_12351657.jpg


FIFAワールドカップでは、6/24に日本VSセネガルの試合が行われ、2対2の引き分けという結果。28日のポーランド戦は後半のブーイングがありながらも負けましたが、7/2のベルギー戦では準決勝進出と好調なようで、更に頑張っていただきたいですね。

そして、なぜ日本選手のユニフォームがブルーかというと、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、青龍の国だからなのです。

「各国のサッカーチームのユニフォームの色には大きな意味があり、基本的なナショナルカラーは、日韓男子ワールドカップ共同開催時から決またそうで、そのユニフォームの色は、東洋の四国では韓国は赤、中国は黄色、北朝鮮は白、日本は青と、それには理由があり、北東亜細亜の民族思想には四神相応の考えがあるそう。

四神とは、東西南北を護る獣神のことで、北を護る玄武。南を護るは朱雀・西を護る白虎・東を護る青龍、という風に。中国神話では、四霊獣(龍・鳳凰・麒麟・亀)とも言われ、それぞれ川、海、道、山などになぞらえられています。

日本地図は、太平洋を向いているタツノオトシゴ=龍の形をしているので、日本が公式試合でブルーを着るのは、「青龍」を意味しているからです。


*高松塚古墳に描かれている青龍:



セネガルと日本対決サッカー観戦、ゴルフ場ラウンジでの様子。↓


d0367842_00391470.jpg


夏至の日(6/21)より、毎日のように神々しい雲を見せられていました。そんな空模様に見惚れている日々ではありますが、山羊座満月の日は、大浄化なる豪雨が何度もやってきました。

NY在住の友人ほしゆきさんが、6/28のストロベリームーンを撮影していたので、シェアします。幻想的ですね!


d0367842_00364939.jpg

d0367842_00370485.jpg

d0367842_00363904.jpg



神々しい6/24の空模様。


d0367842_13343486.jpg

d0367842_13341719.jpg



大きな鳥が羽ばたいているかのような雲


d0367842_13335563.jpg

d0367842_13331166.jpg

d0367842_13333497.jpg

d0367842_13344750.jpg

d0367842_13350074.jpg


にわか雨の後、ほんのり虹が出ました。


d0367842_13350896.jpg



不食の弁護士秋山先生のFB投稿より:

「地球を取り囲むバンアレン帯の電離層が7.8Hzのプラズマ振動を起こしているそうで(シューマン共振波ともいわれます)私たちの進化や成長にこの7.8Hzを大きく関わっているというのが志賀一雅先生のご指摘です。夏至の朝日が7.8Hzが強いというのは興味深く、7.8Hzは無心の赤ちゃんの脳波だそうです。」

秋山先生もこの脳波に匹敵しているようです。この5月に、秋山先生の新書が出版されました。その本のタイトルは、「宇宙人バイブレーション」、東京のオフィスでお会いしました。

こんなタイトルの本が出版される時代になったのですね。2012年からフォトンベルト(光エネルギー)に地球も入ってから、地球も自然界も人間へも変化が起こりやすく、アセンションの加速が増していると思われます。



d0367842_13155221.jpg


愛と不食の弁護士と超次元ドクターが 魂の本質、宇宙の法則、宇宙語、光と闇、プラーナで生きる、 波動医学、病気のメッセージ、今後私たちの進むステージについて、すべて語ります。

この本から、みなさんの魂を解放する 宇宙エネルギーを感じてください!

◎銀河宇宙連合からのメッセージは、宇宙語から始まった!
◎宇宙語はバイブレーションが大事です
◎私のクリニックに宇宙人が来ました
◎第3の目が開いた日
◎光り輝くものをいただくと、どんどん目覚めていく
◎なぜ秋山氏はプラーナで生きられるのか?
◎秋山氏は水晶(珪素)化しつつある
◎人間は「天と地の融合の存在」
◎「ぷあぷあ」は高次元エネルギーの状態
◎シリウスの高次元飛行体&白ハト部隊
◎私たちの肉体はクラリオン星人の体をモデルにしていた
◎シリウスの愛と調和のしくみ
◎すべての悪を担った大天使ルシエルと地球の霊体について
◎イエス・キリストが地球に送り込まれたわけ
◎「分離の時代」は終わりました
◎地球のローカルルールから、宇宙の標準ルールへ
◎松果体はブラックホール
◎AIと宇宙の叡智
◎超時空間の松果体DNAエネルギーにアクセスする
◎プラーナは「高次元珪素」だった
◎宇宙の誕生と終わりには、珪素が関わっている
◎「霊体5、肉体5」の割合で生きている秋山氏
◎プラーナの摂取率を高めるには珪素が大事




*6/25は、マイケルジャクソンの命日でした。あれから9年・・・
2日後の6/27、マイケルのお父さんも逝去されたそうです。89歳享年 ご冥福をお祈りします。

マイケルの命日、6/25の雲も凄かったです!



d0367842_13321245.jpg


d0367842_13322919.jpg




まるで赤龍のよう。こちらの動画からどうぞ!









d0367842_13384318.jpg


d0367842_13385030.jpg


d0367842_13370872.jpg





*6/26に現れた山羊のような鹿のような麒麟のような雲。



d0367842_13390831.jpg


d0367842_13400087.jpg


d0367842_13400815.jpg





  ************** 171.png日本の旅のつづき ***************

群馬サファリパークに行く途中、歴史ある城下町の街並みを通り過ぎたので、帰りに立ち寄ることに。そこは初めての訪問となった八幡山と城下町小幡。

こんな歴史的な城下町が身近にあるとは知らず・・・・
甘楽町小幡は、織田氏所縁の地だそうで、八幡宮近くの町「城下町小幡の由来」の案内板より:徳川家康が、織田信長の次男信雄(のぶかつ)に小幡二万石を与えた。元和二年(1616年)信雄は、本町福島に仮陣屋を造営し、子、信良を居住させました。信良のあと、八代百五十年余にわたりこの地を統治し城下町小幡が形成されました。のちに松平氏がこの地を治め、三代松平忠恵は城主格を与えられ小幡陣屋は「小幡城」と呼ばれるようになりました。


まずは、八幡宮を参拝す。

なんだか可愛い~、おかっぱヘアーな狛犬像

d0367842_14000391.jpg


d0367842_13500255.jpg


天然ですね。溶岩石の手舎水


d0367842_13563242.jpg


拝殿の中に入ると・・


d0367842_13530628.jpg


豪華な天井画!

「小幡八幡宮は、小幡陣屋の鬼門(東北の方角)封じとして、江戸時代初期の正保2年(1645)領内の高田村(現妙義町)より御神体、本殿ともに移し祀られた。天井は、格天井(木を直交させ四角格の格子に組んだ形)で中央に大枠、周りに90の小枠がある。

小幡陣屋と共に造られた雄川堰と小幡八幡神社、第二代藩主信昌は、織田家の守護神として、更に小幡陣屋の鬼門封じとして高田村(現妙義町)から本殿と共に遷座す。この拝殿の天井は格天井となっており、描かれている龍と三十六歌仙の肖像画は町指定重要文化財である。


d0367842_13552532.jpg



そして、八幡山頂まで軽いハイキング気分



d0367842_13462268.jpg


d0367842_01164464.jpg



山というより丘の上にある「夕映えの広場」からの景色



d0367842_13595204.jpg



この展望台にて音叉ヒーリング。曇り空でしたが、この直後太陽が出ました。


d0367842_14022035.jpg


d0367842_14015565.jpg


d0367842_14052163.jpg



歴史ある城下町小幡を歩いてみます。


d0367842_14074949.jpg



今ではほとんど見かけなくなった昔ながらの井戸


d0367842_14085452.jpg


これって旅籠?!風情ありますね。しかし誰も歩いていません。


d0367842_14083755.jpg



江戸時代より雄川用水の流れを利用して、農業用、精米、野菜を洗ったりと、毎日の生活に利用していたそう。桜の季節は花見もよさそう。


d0367842_14090960.jpg



この用水路は日本名水百選に選ばれていそうそうで、白川郷が浮かんできました。


d0367842_14093597.jpg



次に、織田信長の次男信雄が7年の歳月と数万両の巨費を投じて築いた「楽山園」へ。ここが意外にも広大でびっくり。



d0367842_14132019.jpg



このような歴史的名所があるとは存ぜず・・・池泉回遊式庭園「楽山園」

「楽山園は群馬県甘楽町小幡にある大名庭園。築庭は織田信長の次男である織田信雄。名の由来は『論語』の「智者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむ」の一文から採ったものである。国の名勝で群馬県では初の名勝指定庭園である」


ちょっとカフェで一休み・・・て、この広大な景色一人占めてくらい贅沢な空間のカフェで、地元のおばちゃん手作りグラタンがメニューにありました。



d0367842_14140260.jpg



中門入り、右手に拾九間長屋があり、そこに展示スペースがあったので見学。



d0367842_14242931.jpg



こういったフィルムでのご案内はスキップしてしまうところ、なぜか見入ってしまい・・・



d0367842_14162067.jpg



えーーっ!シンクロする情報が流れました!

「1615年 織田信長の次男・信雄には大和宇陀藩と上野甘楽郡が与えられた。信雄は大和に入り、上野甘楽郡は信雄の四男で信長の孫にあたる織田信良に任せ小幡藩を立藩させた。」


フィルムの画面より
d0367842_14284820.jpg



なにがビックリって、この場所 甘楽郡と・・・翌週行こうとプランしている大和宇陀藩の地、奈良の宇陀市が出てきたからでして、ここに示されている2か所のシンクロは何を意味している?!次なる目的地は、奈良の室生寺としていたのでビックリ!

だからといって、織田信長一族の足跡を辿るのではなく、おそらく今回の訪問地、目的は宇宙の流れにのっているというサインではないかと。室生寺に行くプランは2年前からありましたが、今回のタイミングでよいということでしょか。なるほどです!

では、ご縁いただいた楽山園内を歩いてみましょう。
こちら御殿跡


d0367842_14155893.jpg



昆明池と菖蒲。向こう側には、腰掛茶屋と梅の茶屋。


d0367842_14425596.jpg



高台にある梅の茶屋から庭園を見渡します。はぁ~


d0367842_14434663.jpg



茶屋から望む庭園風景


d0367842_14440546.jpg



昆明池に浮かぶ中島からの景色。
週末なのに、殆ど人がいません。皆、富岡製糸場の方に行っているのでしょうか。本当この楽山園は穴場で静かでいいわ~



d0367842_14443422.jpg



この時、空を見上げると、大きな龍雲が。



d0367842_14454446.jpg



大きくて写真に収まらず動画で。






d0367842_14455050.jpg



藩邸と庭園を区切る庭門



d0367842_14453371.jpg



楽山園から少し離れた場所にある名所で、町指定重要文化財でもある”吹上の石樋”。



d0367842_01161880.jpg



1865年(慶応元年)7ヶ月の期間と250人の手間を費やして造られたそうで、雄川から引き入れた水は、長さ7.7mの巨大一枚岩を組み合わせた、この石樋を通り、町へと流れていくようです。


d0367842_14461128.jpg



d0367842_01155753.jpg




「吹上の石樋」






そして、甘楽町を南北に流れる雄川堰(おがわぜき)上流に、雄川堰取水口があるというので、田舎道を歩いて行ってみました。民家はあるものの人が誰もいなくて、ちょっと寂しいあぜ道でしたけれど。


d0367842_01172011.jpg



遊歩道に沿っての用水路の水は透明で、魚も泳いでいました。


d0367842_01175217.jpg


吹上の石樋から歩いて30分くらいでしょうか。


d0367842_01173819.jpg



雄川堰取水口が見えてきました。上流だからもっと綺麗かと思ったら、そうでもないんですね。

d0367842_01183513.jpg


ダムのような・・・この溜まり水て清らか?


d0367842_01181931.jpg


d0367842_01184545.jpg


とりあえず、鳥のさえずりを聴きながらの程よいウォーキングとなりました。


d0367842_01185869.jpg



この日の夕陽も美しかったです。円盤チックな雲⁈



d0367842_01191126.jpg

d0367842_01192003.jpg



以上、群馬の甘楽郡の旅でした。



「③.ふじみ野うさと展&臨死体験木内鶴彦氏講演会」へつづく




とても参考になる興味ある内容でしたので添付致します。


*スピリチュアルリーダーで、獣医の森井啓二先生のブログより:


「身体の老化」について、老の章からの抜粋です。

老化は、肉体的にみると、加齢に伴い、平均して30代から、身体の活力や運動機能の低下、そして生体機能が低下していく現象です。

この現象は、高齢化とともに、死に至るまで進んでいきます。
身体が硬くなったり、皺が増えたり、白髪が増える、内臓の劣化や胸腺などの組織の萎縮など、さまざまな面での変化が起こります。

宇宙の創世、発展、消滅と同じように生き物でも発生、成熟、老化という生物の時間変化が起こります。それはとても自然な過程です。そして大きな視野でみると、これらの肉体的変化は、老化の原因ではなく結果。

体は、肉体とエネルギー体で構成されています。
エネルギー体は、一般的にはいわゆる幽体とか霊体とも呼ばれているものです。
そして、肉体は、エネルギー体からの電気的・磁気的なエネルギーの供給によって維持されています。

肉体のエネルギーは、エネルギー体から供給されています。だから、死によってエネルギーの供給が完全に断たれるとすぐに肉体は崩壊するのです。
老化の真の原因は、エネルギー体から肉体へのエネルギーの供給量が減少していくことにあります。

同じ年齢でも、人によって老け方が全く異なるのも人によってエネルギーの供給に個体差があるからです。美魔女になるにもはじめから素質のある人はいるのです。だから、誰もが美魔女と同じ美容法をやっても同じように美貌を保てるわけではありません。

同じように高齢者の長生きの秘訣がいろいろ公開されています。アイスクリームを食べるとかお酒を飲むとか脂っこいものを食べるとか
・・・・それを真似ても、それで同じように長生きできるわけではありません。

エネルギー体にはさまざまなレベルの周波数があり、その中には、肉体と密接な関係を持つ「エーテル体」と呼ばれている部分があります。最も肉体に近く、肉体へ直接エネルギーを供給しているのは、このエーテル体です。


d0367842_01151515.jpg


そのエーテル体と肉体が加齢とともにすこしづつ解離することによって、エネルギーの供給量が減少していきます。肉体の充分な維持と統制にはエーテル体からの充分なエネルギー供給が必要であり、エネルギー供給不足は、肉体の劣化として現れていきます。

若い頃は、肉体とエーテル体が密着しているために、エネルギー供給が十分にあるため身体的活動が中心になります。でも歳をとるにしたがってエーテル体は肉体と少しずつ離れていきます。そのため、今まで肉体に供給されていたエネルギーは減少し、そのエネルギーはエネルギー体の中に留まります。
例えば、肉体の眼に供給されていたエネルギーは、加齢と共に徐々に、死の次のステージの準備のためにエーテル体の霊眼へとエネルギー供給がシフトしていくのです。
その結果、肉体の眼では、視力が急激に低下していくこともあります。耳が遠くなってしまうのも、死後のステージの準備のためにエーテル体の霊耳へとエネルギー供給がシフトしていくことによります。

そして、眼が見えにくくなり耳も聞こえにくくなると言う時期、つまり肉体的に減弱していく時期には、もっと自分の内側を見つめる時間を作りなさいという高次の計らいでもあります。

肉体だけを見ると、肉体へのエネルギー供給が減ることによってはっきりとした劣化のような老化現象が現れるのですが、エネルギー体全体を含む大きな視野でみると、エネルギー量は、とても大きいまま安定しているのです。

エネルギーが、肉体へ流れずに、エネルギー体へと留まった状態なのです。
これが老化の真相です。

誕生、成長、そして老化のプロセスは、地上での寿命が約100年という極めて短期間に地上で効率よく学び、それを魂に還元していく、とても効率よく完璧な方法です。だから、老化を嘆く必要は全くありません。

もし歳をとること=病気になることなどという間違った認識は心をネガティブにしてしまい、本当に老化を加速させる要因となります。必死になって、見た目だけを若くしようとすることは、老化をネガティブなものと考えてしまった結果です。

それでは、老化に隠された本当の意味を見逃すことになります。もし見た目の加齢変化を認めずに、目を背け続けてしまうのであれば、地上での、時間と空間の中での体験を有意義なものとすることが出来なくなります。

老化には、魂に必要な大切なメッセージが含まれているのです。

若返りをしたい人もアンチエイジングを研究する人もそこをしっかりと理解しないと、大きな宝を見逃すことになります。
私たちが旅に出る場合には、先に旅の準備を始めます。いろいろな準備を事前にしていき、準備ができた時点で旅立ちます。その準備によって、快適に旅することができるのです。

老化もそれと同じこと。本来の人としての自由のある死後の活動のために、ゆっくりと着実に準備をしているのです。
よく老化で人が怖れるのは、若い頃の美を失っていくこと。特に見た目の美を強く意識している人にはとても大切なこと。

でも、真の美しさは、外見だけではなく心の美しさから輝き出るものです。
年齢を重ねれば、たしかに見た目は衰えていきますが、
魂の美しさ、内面から出る輝きは年を経ても衰えることはありません。

そして、心の美しさ心の輝きは唯一死を超えて持ち越せるもの。

その輝きは、心の美しい人同士には見ることができます。
外見だけを飾り付ける前に、自分の理想を整え、清らかな生き方を選ぶことです。





*「若返る人たちと先住民の知恵」:http://shindenforest.blog.jp/archives/36427423.html


*昔のアメリカ先住民の健康の道は、
肉体的には、正しい姿勢で深い呼吸を心がけ、日光浴、適度な量と適切な食材の正しい食事、適度な運動、性エネルギーの節制。

精神的には、瞑想、祈り、物事を清らかな目で見る。そして清らかな行為を行なうこと。




はい、プッチーくんも若返りチャレンジですにゃ。

d0367842_01195329.jpg

d0367842_01192831.jpg

d0367842_01220668.jpg

d0367842_01194515.jpg



前回のブログで呟いた人工的操作を意味していた雲です。大阪の震度6発生前日に現れた雲。


d0367842_01223499.jpg


d0367842_15121590.jpg

d0367842_01200788.jpg



こちらは、Haarp(高周波活性オーロラ調査プログラム)による電波ビームのよってできる電離圏の穴だそう。似ていませんか?


d0367842_01225315.png
関連記事は、こちら:http://urbanlegend-jp.com/blog/artificial-earthquake-001/


2018年上半期も終わり下半期へと入ります。不要なものや手放すべきものは、なるべく断捨離していきましょう。

盛りだくさんで長くなりましたが、最後まで読んでくださって、ありがとうございます!105.png







精神世界ランキング 日記・ブログランキング 写真ランキング 旅行・観光ランキング
[PR]

# by yukistar888 | 2018-06-30 12:55 | 日本の旅 | Comments(2)

①.日本の旅-初めてのサファリパーク&夏至メッセージと噴火地震

177.png3/12に日本より戻りました。約1か月ぶりのブログ更新です。

今回は、主に奈良の神社やお寺、そして、昨年台風でキャンセルした山口へ行くこともできました。

6月は爽やかな季節であり、そんな時期の日本の自然と触れ合う機会をいただき、どの瞬間もそれぞれ素晴らしく、清々しい気持ちで過ごすことができました。感謝でいっぱいです♥

日本の春や秋も好きですが、初夏は緑も青々と輝いていて気候も穏やかで、一年で一番好きな季節かもしれません。この時期ならではの風物詩、田植え風景や蛙の合唱、紫陽花、鴬などのさえずり、そして、山口では源氏蛍狩りのチャンスもあり、それは満天の星を思わせる程の蛍の光でした。そんな日本ならではの自然界の美しさを中心にシェアしたいと思います。



d0367842_23463536.jpg


そんな中、地球も活発となりつつあり・・・
ハワイ島キラウエア火山は依然溶岩が溢れ出ていて、初期のマグマより今噴出しているマグマの方が高温なのだそうです。高温のせいもあり、溶岩流のスピードが速くなっているそう。



d0367842_00290854.jpg

d0367842_00283457.jpg



既に600件近い家が焼失されてしまったようです。


d0367842_00303418.jpg



このエリアは、昨年春にシュノーケリングをしたところではないかと。
温泉の気泡が海中から湧いていたのです。

その時の日記:「マウナケア山と溶岩森, 温泉海の魚たち」




これはマウナケア山から見た太古を思わせる噴火の光


d0367842_00300460.jpg


5/17に噴火したハワイ島キラウエア火山、そして、6/4はグァテマラのフエゴ火山噴火、6/16に桜島噴火、そして6/17にはエクアドル、ガラパゴス諸島にあるクンブレ火山も噴火したようです。


            6/16、桜島
d0367842_00522125.jpg


6/17、エクアドルのクンブレ火山
d0367842_00521265.jpg


更に・・・
6/12には九州大隅半島で震度4、6/17は群馬で震度5、6/18は大阪を震源とする震度6の地震が発生し・・・4人の被災者が出てしまい、心よりお見舞い申し上げます。

封じ込められていたいろいろな想念の開放・浄化のプロセスであり、地盤調整という情報も入ってきていますが、今年は噴火や地震が多発する年回りともいわれますので、今後も災害への意識、防災への心構えは必要かと思います。

秋山先生より:
地震の際には、心を落ち着けて淡々と対応するのが大切です。周りの揺れや他人の心の揺れに囚われず、自分の意識をしっかりと自分の中心にアンカリングし、呼吸を整えるのが肝要です。私たちが落ち着いて、愛の瞑想状態にあることが、エネルギー場を安定させ、地球を安定させることに繋がります。私たちは繋がっていますし、目に見えないサポートの存在達も繋がっていて、協力し合い助け合っています。自分の中に心配や不安を感じたら、その心配や不安を否定せず、淡々と見つめるともに、信頼に置き換えていって下さい。


こちらが6/17現在、中南米から南アメリカ大陸火山噴火マップ。環太平洋が活発なようです。

d0367842_08311443.jpg


ハワイ島の噴火に関して このような記事もありましたので、興味ある方はどうぞ:




*6/16、NY地方
大阪での地震が発生する前日に見ていた雲はミラクルな形が多いのですが・・・、後から気づきましたが、中には地震雲を思わせるものもありました。

最初に目にしたのがこちら!美しいです。

d0367842_00580426.jpg

やがて細かい鱗雲が広がり・・・

d0367842_00583223.jpg


この洗濯板のような雲が、いわゆる地震雲なのですが・・・


d0367842_00584318.jpg


地震前兆のサインを受け取っていたのですね。NYでありながら、日本のことをお知らせしてくれてたようで。


d0367842_00585047.jpg


夕方には、このような摩訶不思議な雲が次々と現れました。



d0367842_00594929.jpg

d0367842_00593256.jpg

d0367842_00594112.jpg



そして、6/21に夏至の日を迎えますが、その日は宇宙からの7.6-8Hz周波数、深い瞑想状態と同じα波の音と共鳴できるスペシャルな日ともいえるようです。


以下、占星術Keikoさんからのメッセージ:

夏至は「夏の始まり」占星学的にいうと、太陽が「蟹座に入る日」。

蟹座は12星座の中で「育てる」役割を担っているそうで、秋分の日までの3か月は「育てる」ことを意識してみるといいでしょう。

 ・自分の能力、感性
 ・情熱、パッション、モチベーション
 ・ある人との関係、仲間との連帯感

 人だけでなく会社やビジネスも「育てる」ものですね。

 この時期必要なのは、「次の一手」。

今あるものをさらに育てて大きくするために、何をすべきかそれを考えるタイミングが夏至、と理解して。

 その一方で、夏至の2日前6/19には海王星が逆行開始し、11/25まで続くそう。海王星は「芸術」「イマジネーション」と深くリンクしているので、ミュージシャン、アーチスト、デザイナー、作家、画家など「創り出す」職業の人達は海王星の逆行に大きく影響されるそう。
また、海王星逆行中は真実が見えなくなることが多々あるので、新しいパートナーと組む場合は、事前調査を抜かりなく。

新しいことを始める際は具体的なスケジュールをきちんと組んでおきましょう。さもないと、「いつまでたっても始まらない」という由々しき事態に。スケジュール管理者かタイムキーパーをしっかり立てるのがポイント。夏至の1週間後、6/28は山羊座の満月となります。





     *********** 173.png 日本の旅 ************

*5/22、
上空から望むマンハッタン。

d0367842_08140994.jpg


その後、鳳凰の顔の雲がくっきりと現れました!もしやファルコン⁉


d0367842_08141694.jpg

d0367842_20425764.jpg


鳥の顔に見えます。


d0367842_08142597.jpg

鳳凰ぽいかも。


d0367842_20464493.jpg
d0367842_08143292.jpg


アラスカ地方は雪に覆われて・・。

d0367842_08150457.jpg


北アメリカ大陸最高峰のデナリ(旧マッキンリー)標高6,190m
冒険家植村直己氏が遭難したアルプスです。


d0367842_08151347.jpg


*6/23、
日本に着いて、最初に目をついたのが黄金色に輝く小麦畑。フワフワ感がなんとも・・・


d0367842_08152608.jpg


*5/25
群馬の郊外へ出かけてみました。

蔵やケシの花



d0367842_08102258.jpg


d0367842_20502818.jpg


目的地は・・・
生まれて初めてのサファリパーク!


d0367842_08120583.jpg


はい、この歳でね。いつか行きたいと思っていたのです。
このアニマル柄トート、よいでしょ?

マイカー、サファリバス、エサバス、レインジャーツアーと選択できます。


d0367842_22075001.jpg


ゲートに入り、まずはキリンちゃんのお出迎え。
シマウマとエランド

d0367842_08124019.jpg

アメリカゾーンの水牛群れ

d0367842_08154614.jpg


猫バスならぬライオンバス!


d0367842_08160406.jpg


アジアゾーンのファロー鹿?アメリカエルク?!かな。


d0367842_08223510.jpg


空も緑もいい感じでした!


d0367842_08233624.jpg


ウォーキングサファリゾーンでは散歩しながら動物と触れ合えます。
フラミンゴ

d0367842_08252565.jpg


ユニークなお顔のダチョウくん

d0367842_08254213.jpg


ライオンゾーンは、ちょっと緊張ね。
お腹というか股開げて昼寝はかなり無防備ですが・・!


d0367842_08255406.jpg


週末前は、空腹にしているそう。おぉおお~逆に見られている?!

d0367842_08260434.jpg


ライオンのペロリシーンを動画で







貫禄のホワイトタイガー!ちょっち暑そう。


d0367842_08261488.jpg



ラクダのランチタイムに遭遇







ゾウちゃんたちは、後ろに下がってお尻がゴッツン!

d0367842_08262779.jpg


ラマかビクーニャか!?ペルーとかに生息している。音叉を聴かせてゴロにゃん?!
ちょいとビビる私。(笑)


d0367842_08270097.jpg


広々とした敷地に住んでいるのはよかった!
写真ありませんが、黒ヒョウもかっこよかったです。


d0367842_08264484.jpg


猿の生活の覗いてみました。無邪気な様子。







でもね、過去に悲惨な事故も発生しているのです。飼育スタッフが熊に襲われたり、ライオンゾーンでぐずる孫を父母の車に移そうと祖父母が車から下車して襲われたり・・・特にマイカーでの見物は注意してくださいね。窓を開けたり、下車しないでね。動物たちは野生だから。



サファリパークで見かけた雲たち。

d0367842_08271479.jpg

d0367842_08272591.jpg

d0367842_08273400.jpg

いつか本場アフリカで野生動物を見てみたいですね。




その後、磯部温泉へ向かいました。


d0367842_08115146.jpg


妙義山が見えてきて・・


d0367842_08284156.jpg


クラゲ?じゃなく、温泉マーク。

実はこの♨マークは、磯部温泉が発祥の地なんだそう。知りませんでした!


d0367842_08303425.jpg


下駄の音は、日本情緒あってお気に入り!


d0367842_08304356.jpg


旅館の廊下に飾られていたほっこりアイテム

d0367842_08310380.jpg
しばらく日本の旅が続きます。


「②.すべては必然!歴史スポット小幡城下町と楽山園」へつづく





こちらが、6/16の雲のつづきです。

d0367842_01001362.jpg

d0367842_01072294.jpg

d0367842_01073411.jpg



相変わらずたくさんになっていますが・・・
実はまだあるのですが、別の雲のサインは人工的な操作を意味するものでした。次回の日記にアップしたいと思います。


d0367842_01065871.jpg

d0367842_01081370.jpg

d0367842_01070641.jpg

d0367842_01075995.jpg

d0367842_01074317.jpg



プッチーも元気で、お利口さんですにゃ。


なんとも甘ったれ顔

d0367842_21584402.jpg


なが~い舌を目撃!


d0367842_21425340.jpg


得意の巻き尾ポーズ

d0367842_21441432.jpg



人も地球も調整期を迎えています。
夏至の日を迎えるにあたり、瞑想したり内観したり、自分と向き合う時間を作ってみませんか。

素敵な日々をお過ごしくださいね!162.png





精神世界ランキング 日記・ブログランキング 写真ランキング 旅行・観光ランキング
[PR]

# by yukistar888 | 2018-06-19 22:00 | 日本の旅 | Comments(8)

新月ミラクルレインボーとロイヤルウェディング&続ハワイ島噴火&コラボリポ


5/15の牡牛座新月の日、その日の夜 NYは暗黒な雨雲が現れ、激しい雷雨となりました。
雷音が異常なくらいゴロゴロゴロが鳴りやまず、大地に地響き渡る振動や大砲のような大音など大浄化なNY地方でした。
その後は、ミラクルなダブルレインボーが現れて・・・お約束のようなサインに感謝です💛



d0367842_12340515.jpg



午後7時半、黒龍のような雲に覆われていきました。


d0367842_11360801.jpg


不吉な雨雲・・・風も強く嵐並み。


d0367842_11355754.jpg



雨が止み午後8時過ぎ、夕陽がビル群れを照らし黄金に光輝きだした その直後にNYCを包むようなWレインボーが現れたのです。



d0367842_12342415.jpg



その光景は神々しく、別世界が広がっていました。光るビル群が神殿に見えたり。



d0367842_11330381.jpg



その後雲は形を変えながら、空いっぱいに広がり・・・なんとなくマイケル・ジャクソンが亡くなった翌日の雲にも近いような光景が広がったのでした。



d0367842_11332237.jpg


d0367842_11354132.jpg


こちらは、Brooklynに住む友人Takemiさんが撮影したもので、完璧なるWレインボー!
レインボードームですね。



d0367842_12345887.jpg



マイケル・ジャクソンは、2010年6月25日に他界しましたが、当時のミラクルスカイの記録はこちら!








173.pngハワイ島キラウエア火山噴火情報の続きですが・・・

活動が活発化している米ハワイ州のキラウエア火山で17日4:15amに爆発的噴火が発生し、火山灰が上空9,100mまで吹き上がったそうです。同火山で爆発的噴火が起こったのは、1924年以降で初めて。また、21日にも起こりました。



d0367842_12085185.jpg



これにより火山の監視チームや自然公園のスタッフが避難し、科学者によると、今後もこうした活動が続く可能性が高いと。キラウエア火山は5/3に噴火が始まり、多くの住宅が溶岩に飲まれ、何百人もの人々が避難を強いられている。
すでに、航空機への警戒レベルは最高の「レッド」に引き上げられており、パイロットは危険な可能性のある火山灰を避けるよう警告されているようです。


d0367842_11553389.jpg


米地質調査所(USGS)によると、キラウエア火山の溶岩湖の水位が下がっていることから、今回のような爆発的噴火が今後も発生する可能性が高いとしている。

溶岩湖の水位が下がるとマグマが地下水に触れるため、水蒸気爆発が起きるリスクが高まるという。


NY生まれの天才天界さんのYouTubeからもお世話になっています!

d0367842_11363171.jpg


USGSの地質学者ミシェル・クーム氏は爆発の後の記者会見で「さらに大きくて力強い爆発が起きるかもしれない」と話した。

ハワイ島には5つの活火山があり、キラウエア火山はその一つ。過去30年にわたって噴火を繰り返しているが、爆発的噴火は起こっていなかったそうです。



また、19日には、22個目の噴出口ができたそうで、その後はすべての噴出口が川のように繋がり、溶岩が噴出してきているそうで、マグマの活発化が見られると。



d0367842_01024269.jpg


この画像では、まるで大蛇?か血管ですね。


d0367842_00584308.jpg


d0367842_10510922.jpg


本当、血管のように見えます。

実は、長年続いていた頸椎の詰まりがいつの間にか、おそらく16日には治っていました。
マッサージや施術に行く度に、「左頸椎が詰まっていますね。」と言われ、何しても治らずでしたが・・・振り返ると、3.11の東日本大震災の後から、心臓や頸椎の不調が始まりました。

まさかハワイ島火山からマグマが噴出したお蔭で⁈ その滞りが流れたようで、いかに地球と繋がっている体質かが今回認識できました。度々神経痛のような不快な痛みが出ることもあり、実は辛いことも多いのですが、だからこそ磁場調整なるグリッド・ワークの旅をさせられているのでしょうね。

このハワイ島の噴火と溶岩噴出により、別地区の噴火や地震等が免れたという説もあります。


d0367842_10562968.jpg


溶岩が海岸に到達したようで、地質学者の見解では、地盤の移動も少しずつ見られるらしく、最悪のケース(仮説)では、地盤崩落による大津波発生という噂も出ているようです。


d0367842_10543170.jpg


崩落のイメージCG(仮説画像)
d0367842_01031521.jpg



そうなると、オアフ島、アメリカ本土、日本などへも影響があるのではということですが・・。あくまで最悪のシナリオです。

下記のマップの右下グリーンのエリアにカラニリトリートセンターがあるのですが、昨年春、フィボナッチ・ヒーリングのセミナーが開催された場所になります。現在、閉鎖されているようで、一年後にまさかこんな事態が起こるとは。

だからこそ、”今を大切に!” 昨年、思い切ってフィボナッチを受講し、あの地区に滞在してよかったと思っています。1週間以上スティし、あの土地の素晴らしい自然界が大好きになった、それだけに想いが深いです。



d0367842_12161523.jpg



フィボナッチ・ヒーリングはアトランティスの時代でも使用されていたということを知り、あの大陸沈没の参事を繰り返したくないと願うメンバーも集まっていたので、地球も生きている、自然界に逆らうことはできませんが、今は祈る思いです。




「祈り」といえば、数年前にお世話になったネイトむつう整体の創始者である木村先生と特別支援学校に勤務しているカコちゃんのコラボ講演会が 5/18にNYで開催されました。
以前木村先生に、いつかNY講演をしてくださいと伝えたことがあり、今回50年ぶりのNY訪問となったようです。



d0367842_13310163.jpg



元々木村先生は、鍼灸師からスタートし整体師を経て、今のむつう整体へと移行されたそうです。


d0367842_13440166.jpg


イネイトむつう整体の原理は、私のしている音叉ヒーリングと同じで、”波動共鳴”になります。
音やバイブレーションが生命センサーである脳幹へ伝わり、脊髄を刺激し、体内組織へと伝わっていく。脳幹が活性すると、周りの人々へも良い影響を与えるそうです。天井・壁・空気、全てに波動が伝わり、その空間にいるだけでも癒される。


d0367842_13453271.jpg



祈りと思い送りによって、人が人を癒し、自分にも返ってくるというしくみ。要するに、自己治癒のサポートでもあるのです。我慢はよくなく、仕事でも自分に抵抗なくできることに気づき、選択すること。

と、先生曰く、当初とは違う話題になってしまい、目に見えない世界の話や5,6次元トークとなり、会場の方々も興味深々のご様子。

隣に座っていた友人が、「先生の講演が終わった頃、中央の通路に杖をついた白い姿したお爺さんが通ったんですよね。」とぽろり。普段はそんなのは見えないそうですが、目に見えないのことや故人へも祈りは可能であるという5,6次元のお話も出たからでしょうか。意識引き寄せかな。



d0367842_13321100.jpg



カコちゃんこと山元加津子さんからは、病気の方々に対して精いっぱい愛をもって接する姿勢には頭が下がります。一般的に植物人間と診断された人へも熱心に、寝たきりでなく少しでも起き上がり、脳幹が働くようにケアしてくださっているようで、ミラクルな症例もたくさんあるそうです。お喋りもどこか少女のように可愛いのですよね。


白雪姫プロジェクトといって、白雪姫が毒りんごを食べて死にかけたところ、小人たちが救ったというストーリーから来ているそうです。
http://www.shirayukihime-project.net/yamamoto-katsuko.html


*山元加津子さんプロフィール:
「富山大学理学部化学科を卒業後、石川県内の特別支援学校に勤務している。愛にあふれた彼女のメッセージは、著書や講演を通じて全国に広がり、子どもたちだけでなく心を閉ざしていた大人たちの心を開き、奇跡のような出来事が次々と起こっている。2007年に完成したドキュメンタリー映画「1/4の奇跡〜本当のことだから〜」はそうした彼女の活動を追った作品で、現在までに1000カ所以上、海外14カ国以上で、自主上映会が開催されている。」



d0367842_13444726.jpg


カコちゃん、木村先生、そして
このイベントのコーディネーターである千子さんと愉快な司会者桜子はん

貴重なイベントありがとうございました!

d0367842_13481211.jpg


木村先生は、ワクワクな波動を広めることを「ワクワクのネズミ講」と言います。(笑)


5年ぶりの再会となった木村先生と


d0367842_10525046.jpg


実は、木村先生のイネイト整体は、過去に2度受けたことがあり、前回はなんと5年前で、こちら横浜のイネイト整体医院の古民家で友人らと。この時に「ぜひNY講演をしてください!」とお伝えしたいたのです。あれから5年とは・・・実現してくださって、ありがとうございます!


d0367842_10531769.jpg


こちらが、当時の日記になります。

https://yukistar88.exblog.jp/20083560/



*5/16、
新月の翌日に開催したビーガンランチとサウンドヒーリングのコラボの報告です。


”おうちカフェ”Kunikoさん宅の藤棚が満開で綺麗でした。

d0367842_11373545.jpg


d0367842_11374641.jpg


いい香りもしましたよ。


d0367842_11375834.jpg

Kunikoさんと。ブーキーも受ける気満々?!


d0367842_11380937.jpg


Kunikoさん手作りビーガンランチ

*メニュー

春野菜の韓国風ピリ辛丼
お味噌汁
お漬物
ヨモギいちご大福
自家焙煎コーヒー、又はお番茶



d0367842_11382548.jpg


デザートのヨモギ苺大福の中身が


d0367842_11574213.jpg


和やかなランチタイム


d0367842_11570506.jpg


d0367842_11580473.jpg


参加した方より、このような感想をいただきました。
「音を聞きながら天国行く時ってこんな感じなんだろうな~って何度も思って聞いていました。子供の頃に聞いていた祖母の家の近くでカエルの声や水の音などをよく聞いていたし、夏の風鈴とか一番自分が無邪気で楽しく生きていた時を凄く思い出し、日本って季語があるのと一緒でこういう音にも密接に暮らしているな~って感じました。
西洋人の方には、風鈴やカエルの音を聞かせても懐かしいって思わないと思うんですよね。日本って五感をフルに感じて生活していますよね。Yukiさんの使われる色々な音は、過去の潜在意識にリンクしていて幸せな時を蘇らせる気がしました。」

ご丁寧にありがとうございます!

*おうちカフェのKunikoさんブログ:https://kunikonj.exblog.jp/


d0367842_11584651.jpg

*玄米菜食 in NJ:https://kunikonj.exblog.jp/28318744/




*5/19は、いろんな意味で素晴らしい一日でした。
その1つとして、ヘンリー王子とメーガンのロイヤルウェディング!


d0367842_13500542.jpg


今回、ヘンリー王子とメーガンの結婚は、イギリス王室にとっても変化なる幕開けを迎えましたね。

メーガンは、年上で離婚歴あり、アメリカ人、そして、母が黒人という、今までイギリス王室では認めらなかった条件であって婚約してからは非難の声も多々ありました。


d0367842_13505035.jpg


ヘンリーの母、故ダイアナ妃の離婚後、イギリスで有名なデパート”Harrods”を所有するアラブの大富豪、モハメド・アルファイドと交際し、その後に起きた陰謀説なる事故死。その奥には人種差別の壁があったでしょう。

ヘンリー王子は当時のことは本当に辛かったことは打ち明けていましたし、アフガニスタンにも駐留した経験を持ち、王室の関係者でありながら、自ら戦場へ赴き自ら学ぶ姿勢もある、そこには人種差別なき社会を目指す、メーガンも国連のUNウィメンでの活躍など、二人共グローバルな視野で、目指しているところが同じなカップルともいえますね。

メーガンと婚約後、ヘンリー王子はエリザベス女王に人種差別なき意志を伝えるなど、孫として祖母を優しく説得していたのはないでしょうか。


d0367842_14032845.jpg


d0367842_14042381.jpg


d0367842_14074433.jpg



ヘンリー王子の役目の1つとして、エリザベス女王とダイアナ妃のカルマ解消?というのもあり得るかも。Good job Harry!

以前にもシェアしたことがありますが、1997年8/31にダイアナ妃が事故死した1ヶ月後に夢に出てきたことがあり、その時は悲しそうな表情で現れ、一応英語で「How do you feel now?」と尋ねると、もうパパラッチから追っかけられることなく、ホッとしているというお返事でした。そしてその1年後に再び夢に出てきたダイアナ妃は、女の子のベビーを連れていたのです。それは幸せに満ちた表情だったので安心した。と同時に、ベビー同伴の意味から、彼女が真実を伝えに来てくれたのではないかと思ったのでした。これがどんな意味であるかは、想像にお任せしますが。


素晴らしいRoyal Weddingの記録をこちらにシェアします。


d0367842_13421268.jpg


d0367842_00534464.jpg


d0367842_13193408.jpg


長いトレーン


d0367842_13582132.jpg



こちらが、Wedding Cakes


d0367842_13580523.jpg


d0367842_00535723.jpg


d0367842_00540605.jpg


d0367842_00542449.jpg


d0367842_13573367.jpg



神父も黒人でしたし、こちらのクワイアも。これが感動の歌声でした!

”Stand by me" 涙が出る程ハートに響く歌声。そして、これも新たな宇宙の幕開け、統合の時代へと向かうのでしょうね。



d0367842_13575277.jpg



逃していた方、もう一度聴きたい方は、動画からどうぞ♪




Royal Wedding: ‘Stand By Me’ Performed By Karen Gibson And The Kingdom Choir




d0367842_13590598.jpg


どうぞお幸せに~162.png





SOHOにて、素敵なディスプレィとレストランを見つけました。



d0367842_11483691.jpg

d0367842_11492934.jpg

d0367842_11493905.jpg



ちょっとブクブク気味のプッチーくん。手が伸びんですー!


d0367842_14204406.jpg


グー


d0367842_14205265.jpg



クロスXもできるよ。


d0367842_14212372.jpg



これもストレッチのうちですにゃ。



d0367842_14215645.jpg



ほしゆきさん プッチー初対面の日。
「そんなにアップ、照れるじゃにゃいか!?」


d0367842_14235140.jpg



*5/20の8:30pmには、美しい夕焼け、
その中にポツンと💛の雲が現れました。



d0367842_12340825.jpg



ハートにも見えるし、小さなエンジェルにも見える。


d0367842_12351391.jpg



ラブ~な時代へと進みます!162.png


d0367842_12355878.jpg




現在、噴火活動が活発で閉鎖されているエリアにあるカラニリトリートセンター、
再開・無事を願い・・・昨年春 滞在した時の日記:






178.png5/22より日本へ、東京滞在は5/28-31になります。

個人セッション(リーディング/フィボナッチ音叉ヒーリング等)、1,2名様ほど受付けできますので、必要な方はご連絡くださいませ。yukistar88★hotmail.com(★を@にかえて)


今回は、西日本中心にグリッドの旅へと参ります。素晴らしい機会をありがとう!

盛り沢山の日記になりましたが、最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
次回のブログは6月中旬になります。

新緑の清々しい季節をエンジョイしてくださいね!




精神世界ランキング 日記・ブログランキング 写真ランキング 旅行・観光ランキング
[PR]

# by yukistar888 | 2018-05-21 12:40 | イベント | Comments(2)