11月の天体エネルギーとNYワイナリー巡り&太陽・地球・人間の同期


11月になりました。11/5でサマータイムも終わります。

10月末、日本は台風21,22号上陸、NY地方も10/24,29と大嵐が2度ありました。
暴風雨による大浄化で、枯れ葉が散ってしまい、NYの紅葉狩りはいかに?


d0367842_13070838.jpg


日本 台風21号

d0367842_13091862.jpg


米東海岸 10/29の嵐

d0367842_13121546.jpg



そして、この秋から”New Life”に向けて動きだした方が多くみられます。
ケースは様々で、私の周りでは、引っ越し、出産、退職、転職、離婚、恋愛、家族との縁見直し、新ビジネス、新企画、家や店舗改装、またはそれに向けての準備など、ステップアップへと向かわれる方のワクワクな気持ちが伝わってきています。2017年から2018年への準備が着々と進んでいる、そんな秋を迎えています。


                      (10/31の空)
d0367842_13285257.jpg


My New Lifeに関しては、下記に!と次回もお知らせしませう。


d0367842_13353127.jpg


10/31のハロウィンは無事に終わりましたが・・・しかしながらNYでは車によるテロ事件が発生し、犠牲者が出てしまいました。私は、外出中にてそのテロ事件を知ったのは、日本に住む友人からの連絡でした。
その日の夜は、ダウンタウンに用事があり事件現場近くに行きましたが、現場一帯は通行止めになっていて捜査が行われていました。フランスやイギリスなどでも起きた車の暴走による一連のテロ事件、特に都市部を狙う犯行が目立ちます。犠牲者の方々のご冥福をお祈りすると同時に、犯人へのスピリットへも平和へと祈ります。



d0367842_13445359.jpg


*10/31
午後から、友人とBrooklynで打ち合わせ兼ねランチをしました。お気に入りのイタリアンレストラン”Aurora”で。
ここのドルチェ”アフォガート(バニラアイスにエスプレッソがけ)”が、たまらなく美味い!


d0367842_12061833.jpg


そして、今年のハロウィンは仮装せず、夕方から日本からいらしたお客様とお会いして、午後7時からの恒例のハロウィン・パレードを30分だけ見物。年々規模が大きくなっているNYのハロウィンパレードは、交通規制も更に厳しくなっています。


d0367842_13512564.jpg


このようにNew Yorkerは、いつも通りにハロウィンの仮装を楽しんでいました。


d0367842_13514681.jpg

d0367842_13522518.jpg

d0367842_13523701.jpg


パレード参加者と沿道で待機している撮影隊、
撮影すると、皆がお互いに「Thank you!」と言い合うのが印象的。


d0367842_13525285.jpg


私が目撃した中では、こちらがベスト1でしょうか!

仮装するからには、やはり派手でないと・・・。


d0367842_13530484.jpg



11月のエネルギーとして、太陽活動は、今、静かで無黒点になっております。今の期間は、気が静まる、秋と冬の狭間の期間、秋の土用です。

暦の上では11/7は立冬。けだるい秋の土用が7日の14:38に終了して、「気」が冬モードに変わり、活発化してきます。

そして今月の満月情報は、11/4は、スーパームーンではないが、いつもより大きめの満月が見えます。4日深夜から5日未明にかけて、最接近の6日9:10am,ということは、米東海岸は5日7:10pm。ムーンヒーリングパワーを降ろしてくれます。ただし11/5のおうし座流星群は、月の明るさに消されて、あまり見えないでしょう。

更に11/11は、二十三夜。(旧暦23日)この日の下弦の月にも神秘的なパワーが内在します。エネルギーは、11/7の立冬くらいから少しずつ動き出し、11月は、2018年から変化していく準備期間みたいなものです。

2017年の変化のエネルギーのクライマックスは、11/4は、スーパームーンから冬至に向けてが1番で、変化のピークを迎えていくことでしょう。12/4のスーパームーンは、今年1番大きな満月であり、パワフルなムーンヒーリングパワーを地上に降り注いでくれます。

11/17から11/18にかけて、最高の条件での”しし座流星群”が見られるようです。観測してみてはいかがでしょう。

*ホウオウ先生のブログより:http://tukioyobu.air-nifty.com/




  *********** 174.png 秋晴れの中、NYワイナリー巡りへ *************

*10/2,3

マンハッタンから車で約2時間半、NYの最東端にあるLong IslandのMonturkへ友人たちと1泊で出かけました。


d0367842_15214538.jpg


d0367842_14454069.jpg



一番目的は、ロングアイランドのワイナリー巡り。このエリアへは20年前に行ったことあるのですが、記憶定かでないですが、当時はワイナリーは2,3軒だったような。そしてNYのワインは美味しくなく、今ひとつで諦めていたのですが、今回以下のワイナリーを訪ねてみて、CA州のNAPAに引けを取らない程 素晴らしいワイナリーがあり、上質なワインも味わえました!恐らくNYには50-70のワイナリーはあるのではないでしょうか!


d0367842_14443999.jpg



同行メンバーもグルメ通な方ばかりで、実りあるプチ旅行に。


d0367842_14051484.jpg


ランチは、水辺にあるファンシーなトルコ料理レストランで。



d0367842_14425077.jpg


グルメ通は、レストランのセレクトもナイス!


d0367842_14040404.jpg


美味しくて、パーフェクトな量のランチ!


d0367842_14041370.jpg


マンハッタンから約90分離れただけで、こんなにも静かな環境がありますよ。


d0367842_14044061.jpg


更に東へ走り、ワイナリーに行く途中にあるFarmへ寄りました。

ローカルの野菜やフルーツなど。白パンプキンは珍しいかも?!


d0367842_14060292.jpg


ジャンボ・パンプキンを「よっこらしょ!」


d0367842_14063103.jpg


d0367842_14510844.jpg


ポパイ耕運機に乗ってみる!4月に行ったハワイ島みたい。


d0367842_14061760.jpg


d0367842_15204394.jpg


最初のワイナリーは、Shinn Estate Vineyards!

同行のレストランマネジャーであるWakaちゃんの知り合いソムリエさんお薦めのワイナリーです。


           
d0367842_14254071.jpg


d0367842_14073080.jpg


d0367842_14073926.jpg


こちらが、8種類のティスティング用ワイン!

私はドライバーだったので、ほんのチョビっとだけ。


d0367842_14551894.jpg


喜びの光シャワーも浴びたり・・・。



d0367842_14503248.jpg



何よりお天気に恵まれ、快適なブルースカイが広がっていました!
ワイン畑に寝転んでマッタリもできますよ。


d0367842_14075433.jpg


葡萄は、ネットに包まれて保護されているのですね。


d0367842_14080226.jpg


と、既に4時になり・・・
ここを出た後、マイカーのパンクサインが点灯したのです。

タイヤをチェックしてもパンクの跡もなく・・・あれれ?!
どうしようと思いつつ、次のワイナリーへ行くことに。



2軒目は、Lenz Winary

d0367842_14083193.jpg


そして、このワイナリーのオーナーにパンクサインのことを話すと、そのオーナーの息子も今朝、パンクのサインが点灯し、それは温度差によるものだったということで、なぜかそんなシンクロ!


d0367842_14250744.jpg


念のため、タイヤをチェックをしようと、この辺りに車の修理屋があるか聞いてみると、ラッキーにも近くにあり寄ることに。幸い異常なしでホッ!気温差や気圧の変化で、パンクのサインが出たのは初めてのことでした!


d0367842_14084004.jpg


初日は2軒のワイナリーに寄り、ビーチ沿いにあるホテルへ向かいました。既に6時。


d0367842_14101179.jpg


急いで海岸へ行くと、ギリギリでサンセットが見られました。


d0367842_14105491.jpg



向こうの方に釣り人はいましたけど・・・殆ど人のいない秋の海。


d0367842_14110960.jpg


d0367842_15003600.jpg


海の上には月。空のグラデーションも美しかった!
ハレアカラ山頂の空と似ている。


d0367842_14112658.jpg


 夜には、満天の星も見られて・・・さぶっ


d0367842_15203234.jpg

夕食は、マクロビ講師であるKiyomiさんとMoeさんにお任せし、心強し!


d0367842_14140222.jpg


ワイナリーで買ったワインを飲みながら、みんなが持ち寄ったものとFarmで買った野菜やフルーツもいただきました。


d0367842_15203837.jpg

d0367842_14141906.jpg



女子会ディナーは、ワイワイと楽しく…フェイスパックしたりマッサージしたり!ありがとう



*10/3、

目の前が海という贅沢な立地だったので、朝陽を拝みに早朝起床!


d0367842_14143536.jpg


前回の日本で拾った小石をこちらに繋げさせていただきました。


d0367842_14151765.jpg


こちらが、サマーハウスのようなホテル”The Hemitage at Napeague” Kiyomiさんが予約してくださいました。ありがとう!


d0367842_14102169.jpg


NYの最東端、Long Islandの燈台まで15分。そちらへ寄ることに。


d0367842_14220128.jpg


d0367842_14261309.jpg


20年前に来たことがあり、海岸にゴロゴロしている丸い石ころが印象的でした。


d0367842_14262260.jpg


ということで、皆で一斉に石拾い!


d0367842_14260355.jpg


かわいい石たちが見つかります。


d0367842_14263532.jpg


そして、2日目の最初のワイナリーは、洗練されたお洒落なWolffer Estate Vineyard


               
d0367842_14270501.jpg

d0367842_14271598.jpg


d0367842_14272428.jpg


葡萄畑に薔薇も植えています。


d0367842_14444405.jpg

d0367842_14441072.jpg


こちらでもティスティング!1本$100以上のものもあり、頑張っているなーと。なんとも贅沢な時間。

みんな普段ガンバっているもの。こーいう休暇がないと!でしょ?


d0367842_14274354.jpg


乾杯して、1つ1つ意見シェアしながらティスティング!

d0367842_14451053.jpg


d0367842_14513963.jpg


ショップで、各自お好みのワインをゲット、
$20-50が主流です。

d0367842_14282682.jpg


そして4軒目は、Channing Daughters Winery

ここはブレンディングに力を入れているワイナリーで、ハーブやフルーツをミックスした薬効的なワインも作っています。



エントランスからが遠い・・


d0367842_14455705.jpg


d0367842_14460908.jpg


ワイン・ティスティングした私は眠くなってしまったので、運転を交代していただきました!


d0367842_14462741.jpg


NY-西に向かって走る、サンセットが眩しくて・・・運転交代もありがとう!

帰りに、Flushingに寄り中華を食べて帰りました。帰宅は午後10時を回っていましたが、1日2軒のワイナリーだけしか回れず、実に時間が足りなかった。あと2泊してもいいかもねーと。Monturkまだまだ見どころ満載ですから!わずか2時間半の地で味わう別世界でした。


d0367842_14290429.jpg


この後、CA州での山林火災のニュースを知り、あのNAPAも火災に襲われ、ワイナリーも数件被害に遭ったようです。しかもNYのある友人は、ギリギリ火災発生日まで滞在していたようで。

10月半ば、カリフォルニア州林業局によると、2万人以上の住民が少なくとも5,700の家屋やその他の建物を避難させ 防火。


d0367842_14540342.jpg


カリフォルニア北部のナパ、ソノマ、ユバ郡の各郡に非常事態宣言を発令した。ナパ・バレー・ワイン醸造者協会によると、少なくとも4つのブドウ園が「完全もしくは相当部分が焼失した」という。このほか9カ所で一部の建物やブドウ畑が被害に遭っている。

米カリフォルニア州北部の象徴的なワイン生産地を襲った山火事で、これまでに11人が死亡し、2万人以上が避難し、米国で最も価値のあるブドウ園やワイナリーの一部も被害を受けた。


d0367842_14542024.jpg

カリフォルニア州当局によると、過去24時間に州北部で17件の火災が強風であおられ、11万5000エーカー(約465平方キロメートル)余りが炎に包まれた。商業施設や住宅など少なくとも約1500棟が焼け、被害状況の調査が始まっている。

d0367842_14541145.jpg

山火事に見舞われた地域は同州屈指の風光明媚(めいび)な観光地で数万人が暮らす。ワイン・インスティチュートによると、カリフォルニア州のワイン産業は2016年に2360万人の観光客を集め、341億ドル(約3兆8300億円)の売り上げを計上した。ナパバレーとソノマバレーでは州内で最高級のワインが生産されている。

なんという!広大なNAPAのワイナリーにまで火災が広がるとはびっくりでしたが、山林火災防止への対策強化を願います。


そして、この旅から戻ると、マイカーAloha号の調子が悪くなり・・・久々に長距離を走りハッスルしたせいか。

近年メンテナンス費用が色々かかっていたのもありますが、今回の不具合の修理費に多大な費用がかかることから手放すことを決心!

12年間愛したAloha号・・・そんなある日、30分ほど路上駐車していたら、ボンネットの上にオレンジ色のドリームキャッチャーが置かれていました。不思議なこと!これは、お別れするAloha号への感謝のギフトでしょうか。天からのギフトと受け取り御守りにします!


d0367842_14525952.jpg


ということで、大好きなAloha号は、10/25をもって、さよならしました。
この12年間、無違反ではないけれど無事故でした。お疲れさま&ありがとう!

これもmy new lifeの1つとなりますね。


d0367842_14524213.jpg


食欲の秋のプッチーくん!

d0367842_14531763.jpg

よく遊び・・・よく眠る。

d0367842_14530837.jpg


寝る子はますます育つね。お腹がポコン?!


d0367842_14534188.jpg



174.png太陽エネルギーは、私たち人間に何らかの影響を与えることは、何度かマイブログに書いていましたが、科学的にそれを実証すべく論文が発表されたようです。私は、太陽磁気が高まると主に動悸の症状に出ますが、人によっては頭痛やイライラなど。太陽だけでなく、満月や新月の日は眠いとか、あらゆる天体の動きも人間に影響しますし、10/28のマックホルツ彗星が太陽を通過した日も、異常な動悸や不快感がありましたが、それが原因かは分かりません。日々の太陽の状態をお知らせしてくれる宇宙天気ニュースもチェックしております。 http://swnews.jp/


以下、《太陽活動》と《地球の発する共振》と《人間の体内の自律神経のリズム》が同期していることの記事です。(9/12-13/2017)

太陽については、9月にX 9.3 という、現在の太陽サイクルで最大の太陽フレアを発生させたことを「1990年以来27年ぶりに強力な「 X 9.3 」の太陽フレアが突然噴出される…」という記事に書かせていただきましたが、その後、9月10日にも、裏側へ回り込み寸前の黒点群が X 8.3 という「現在の太陽サイクルで2番目に強いフレア」を発生させていました。

これらを噴出していた黒点群は、地球から見て裏側へと移動していきまして、現在、太陽は再び静かな状態に戻っています。ただ、あの黒点群たちが「元気」なままだとすれば、10日もすれば、またこちら側に戻ってくるかもしれません。さて、この間の太陽フレアを経験して、ふと思い出しましたのは、今年の夏に発表されたひとつの論文でした。それは、平たく書けば、「太陽と地球と人間の同期」についてのものですが、結局どうやら、「太陽と地球と人類は常に同期している」ようなのですね。

それは感覚的な話ではなく、「物理的な同期」であり、磁場と周波数を介した理論的なものだということが最近どんどんと明らかになっています。太陽と人間の関係については過去にもずいぶんと書きましたけれど、今回はあまりゴチャゴチャとさせたくないですので、ここから翻訳に入ります。この論文を紹介した記事のオリジナルは非常に長いのですが、別の話が入り組んだ難解なものなっていまして、要点を絞り、なるべくわかりやすく書いてみました。理論や理屈がどうだこうだというより、以前から書くこともありますけれども、「人間は常に宇宙との同期の中にいる」ということが、学術的に少しずつでもわかっていけば楽しいかなと、地球が発する周波数(シューマン共振)に変化が出ているというようなこともあり、単純にハッピー話と受け取るわけはいかないかもしれないですが。


9月24日に、ロシア・ムルマンスク州テリベルカ村で撮影されたオーロラ。
(c) 福島留美氏、オリガ・ラケーエワ女史


d0367842_15025691.jpg


9月28日に、ロシア・ムルマンスク州アパチット市で撮影されたオーロラ。
(c) 福島留美氏、ヴィタリー・イストミン氏(Jロックとサイクリングが好きな方)


d0367842_15030276.jpg

10/4、

d0367842_14560503.jpg


用語に少しだけわかりにくいものがありますので、それは文中で説明を添えさせていただこうと思います。

ここ数年の間、人間が自身の身体に持つ磁場に関しての研究発表が世界中の科学者や研究者たちから発表されている。研究者たちは人間の磁場を研究するだけでなく、惑星それぞれが持つ磁場についても研究してきたが、その中で、これらのフィールド(太陽、惑星、人間)は、私たち人間同士を含めて、相互に影響を与え合っている可能性があることがわかってきた。この理屈は「量子もつれ」と似ているが、双方とも、すべての生き物は、まだ完全には理解されていない方法で「つながっている」ということを示す可能性がある。

国際的に認められた非営利の研究教育機関であり、著名な科学者たちが所属しているハートマス研究所(HeartMath Institute)では、ストレスを軽減し、感情を自己調整し、健康で幸せな生活のためのエネルギーと回復力を築くための手助けをする研究を続けている。

彼らの研究の大部分は、心臓と脳の相互作用について調べることにある。研究者たちは、心臓と脳がお互いにどのようにコミュニケーションし、そして、それが私たちの意識と私たちの世界を知覚する方法に何らかの影響を与えているのかどうかを調べ続けている。

心臓は体内で生成される最大の磁場に打ち勝つことができるために、研究者にとって重要なデータを得ることができるが、たとえば、人が、愛や感謝といったのような肯定的な感情を本当に感じている時に、その人の心臓が特定のメッセージを打つことがわかったなどの研究が示されている。そして最近、そのハートマス研究所が新しい研究を発表した。それは、私たち人間の日常的な自律神経系の活動は、太陽活動や地磁気活動の変化に応答するだけでなく、地磁気界線共鳴およびシューマン共鳴に関連する磁場の時間変化と同期することがわかったのだ。


d0367842_14551561.jpg


(訳者注)ここに出てくる「地磁気界線共鳴」とか「シューマン共鳴」などは「地球の磁場の周波数」のことで、簡単な概念でもないですが、これについては、最近の過去記事永久に不変と思われた「地球が発するシューマン周波数」が 7.83Hz から 8.5Hz へとアップし、ついに不安定化へ… (2017/08/02)」などにありますので、ご参照下されば幸いです。地球は下のように、決められた周波数の共振で囲まれていて、今ご紹介している記事によけば、これらの共振と人間の自律神経系リズムが「同期している」ということになるようです。

この研究の試みは、最初 1952年に、ドイツのミュンヘン工科大学の物理学者 W.O.シューマン博士が、「地球自体が周波数を持っているかどうか」を調べる試みを始めた時に遡る。この地球の共振の存在についてのシューマン博士の仮定は、球体が別の球体の内部に存在するときには電気的な張力が生成されるが、負に帯電している地球は、正に帯電している電離層の中に存在していることになるので、両者(地球と電離層)の間の張力により、地球には特定の周波数が与えられるために「地球自身は周波数を持っているのではないか」のではないかとするものだった。

その後、シューマン博士は、一連の計算を通じて、地球の「脈」ともいえる、地球が放つ周波数を計測することに成功した。その周波数は 10Hz だった。現在、ハートマス研究所では、日々の人間の自律神経系活動が、太陽活動や地磁気活動の変化に対応するだけでなく、地磁気界線の共鳴やシューマンの共鳴に伴う時間と共に変化する磁場と同期していることを示唆する新しい内容を研究は、そして発表している。これらの知見を追加調査し、確認するために、5カ国 からの 104人の参加者による国際調査が実施された。そして、その予備的所見で最初の研究での結果が確認された。さらに、その国際調査では「人類の心臓のリズムが地球規模で同期している」ことをも示したのだ。これらから理解できることは、人間同士がお互い同期しているということだけでなく、人間は地球のエネルギーシステムと同期しているということだ。この研究は、国際環境研究公衆衛生誌(MDPI)に掲載されており、その結果は太陽と地磁気活動の変化がヒトの神経系活動の変化と相関することを示す他の研究とも一致している。地球上のすべての生物学的システムが、あらゆる種類の不可視の磁場にさらされていることは長い間知られていたが、いくつかの研究で指摘されてきたように、多くの生理学的リズムは、太陽および地磁気活動と同期することが今、示され始めている。

私たちは、太陽、地球、そして他のすべての人類といつも同期している。




精神世界ランキング 日記・ブログランキング 写真ランキング 旅行・観光ランキング
[PR]

by yukistar888 | 2017-11-03 13:59 | NY編 | Comments(4)

Commented by Chii at 2017-11-05 23:04 x
気のせいかなぁ~と一瞬思いましたが…やはり食欲の秋~⁉
プッチーくんお腹ぽっこりですね‼
Commented by yukistar888 at 2017-11-06 14:43
Chiiさん、プッチーくん、寒くなってきたら、ややブクブクに!
よく食べるようになりました。運動不足なのでもっと走らせましょうかにゃ!
Commented by すっとこ at 2017-11-07 22:02 x
やっだーーーーーーーーーーーーー!

と言うても ちっとも 「やだ」ぢゃない
プッチーの可愛すぎる前足、
ていうか 手っ手。

やっだーーーーーもうーーーーー!

ぽんぽこりん のもふもふお腹が❣️❣️
Commented by yukistar888 at 2017-11-09 10:34
手長猿ならぬ、手長猫でごじゃるよ。
たまに、前脚をストレッチしないと、みたいですにゃ!

以前は、朝起こしは遊んで!のねだりでしたが、
今ではご飯頂戴のおねだりに変わりました。
中年の仲間入り・・・あーぁ、幼児期のプッチーも懐かしや。