③.3度の臨死体験木内鶴彦氏のお話とふじみ野うさと展&7月の日食月食

今年下半期を迎えるなり、九州、四国、中国、近畿など主に西日本にて、大雨による災害が発生し、被害者も多数出てしまったようで、ニュースを見ながら心が痛みました。

復興へ向け一日も早く・・・といいたいですが、猛暑の中での作業ですし、現場でしかわからない状況もたくさんとあると思います。この災害を乗り越えられますよう祈るばかり。



d0367842_02300471.jpg



*7/6、

レーダーで確認すると、日本列島は、すっぽり雨雲に覆われていました。


d0367842_02303406.jpg


その頃、NYでは下記のような雲が現れていました。なんとなく日本列島を意識したような形でもあり・・


d0367842_05202354.jpg



龍のような・・目が見えます!


d0367842_02313880.jpg



午後7:30には天女のような雲がたくさん現れたのでした。



d0367842_02511881.jpg


まるで雲の女神のような姿


d0367842_02332163.jpg

d0367842_02550622.jpg

d0367842_02573873.jpg


信頼とか希望とか、そんな言葉も浮かんでくるのですが・・・


d0367842_02495414.jpg

d0367842_02584863.jpg



8:30pmには、ゴージャスな夕焼け空が広がり、一体何本の羽があるのか?



d0367842_03022967.jpg


7月の天体によるKeikioホロスコープメッセージを夕焼け空と共に・・・


◆7月13日 蟹座日食(六芒星日食)
◆7月28日 水瓶座皆既月食
◆8月11日 獅子座日食

 この夏はこんなふうに「食」が3回続きます。

「六芒星」は愛と調和のシンボルともいわれます。



d0367842_03023817.jpg


中でも、
 7/28の皆既月食は天王星のホームグラウンド。水瓶座で起こるので、あらゆる分野で
 「予想外」「想定外」のことが起きてくる可能性大。

万が一、自分の意にそぐわない「想定外」が起こったとしても、いずれ、「ああ、こういうことだったのか・・・」と逆に感謝する日がやってくるでしょう。



d0367842_03030650.jpg


飛行中、「飛行機が揺れましても、安全性に支障はありませんのでご安心くださいませ」というアナウンスが流れたりしますが、今回の「食」は、そういうことなんです。

揺れは大きいかもしれないけど、人生が揺らぐことはない、という。
ただし、そのためには3連続食の先陣を切る。


d0367842_03025293.jpg


 7/13の蟹座日食、この日食のエネルギーをしっかり受け取っておく必要があるでしょう。

特に 7/28の水瓶座皆既月食は強烈です。

 このエネルギーに負けることなくしっかり使いこなすためにも、蟹座日食のエネルギーで
 地ならしをしておいたほうが無難です。




グラウンディングや瞑想、水分補給、デトックス的ワーク、そして、断捨離も効果的な気がしています。

このピンクとホワイトのハーモニーがとても美しかった。↓何かが降りていたようにも感じます。

d0367842_03032498.jpg


余談ですが、今回の日本を襲った雨雲を気象レーダーでチェックしていると、不思議なことに気づきました。


d0367842_03035908.jpg


関東の雨雲がある場所を中心に雨雲がはじけて、一定して雨雲がないのです。その中心から四方八方に向け、雲が拡散されるような動きがあり、なんだろう?とMapで調べると、そこは千葉県柏市で、気象大学がありました。


d0367842_03042999.jpg



磁場的な発信?特殊装置でも設置?なぜなのかわかりませんが・・・勝手にそう思っています。

*気象大学に関して:http://www.klchem.co.jp/blog/2016/11/post_2971.php

d0367842_03062050.jpg




また、タイでは、13人の少年が洞窟内で、大雨による増水から遭難し、18日目の10日夜
全員無事救出されたそうで、ホッとしました。レスキューチームのダイバー一人が犠牲となりましたが、勇敢なレスキュー隊の方々は英雄ですね。親族や世界中の多くが見守る中、8年前に起きた南米チリの鉱山で起きた落盤事故、33人の作業員が地下に69日間閉じ込められたことがありましたが、当時の作業員もタイの少年たちに激励メッセージを送っていたそうで、無事に解決してよかったです。


d0367842_12533251.jpg

d0367842_05023706.jpg


そのタイの少年たちですが、洞窟内でも心の安定を保てたのは瞑想していたからなんだそう。以下;

「英ニュース専門局スカイニュースによると、少年たちがこの洞窟を訪れた理由は、「一番奥まで行って壁に名前を書いて戻って来る」という、地元の少年たちがやるお遊び的な「通過儀礼の儀式」の一環だった。ところが、急激に大雨が降ったことで水位が上がり、身動きが取れなくなってしまった。

英紙インディペンデントによると、少年たちは発見されるまで何も食べず、水は洞窟の壁から滴り落ちてくるものを飲んでいた。懐中電灯を1つだけ持っていたが、そのうち電池が切れてしまったという。

食料もない真っ暗な洞窟の中で、わずか11〜16歳の少年たちが9日間も行方がわからないと聞いて、外で待っている人たちも望みを持ち続けるのは難しかっただろう。少年たちの状況は、閉所恐怖症の人なら想像しただけでパニックになってしまいそうだ。

豪紙ジ・オーストラリアンは、捜索で洞窟に入ったダイバーが発見した時、少年たちは瞑想をしていた、と伝えている。体力を消耗しないよう、そしてパニックにならないよう、コーチのエッカポル・ジャンタウォンさんが少年たちに瞑想を教えたのだ。・・・・」







*7/4、アメリカは独立記念日でした。
恒例のMacy's花火は、East Riverから上がるということで、今回はNJ郊外おうちカフェKunikoさん宅のBBQを一緒に楽しみました。カラフルな持ち寄りのデッシュが揃いました。


d0367842_03050482.jpg


エビやハマグリなどのシーフード、焼きおにぎりも焼きました。


d0367842_03063468.jpg


7月Birthday Girlsのお祝いは、Kunikoさんの手作りビーガン桃のタルトで。

夜には蛍も見られたり、美味しくて楽しいひと時でした。
ありがとうございます!


d0367842_03064973.jpg



この夜、雨予報が出ていて、途中ポツポツと降り出していたのですが、空にお願いしたら、雨雲が消えてしまったんです。July 4thの花火もあり、大勢の願いが届いたのかもしれません。



d0367842_03074716.jpg




******** 171.png日本の旅のつづき ********

*5/31、
東京滞在中のこの日は朝から晩まで予定が入っていました。

東武東上線に乗り、ふじみ野まで。狭山や川越にも近い町です。


d0367842_03070408.jpg



車内シートが鮮やかなブルーで、しかもベンチのように2席並んでいるのは珍しく、また東武線内ではFree Wifiが使えるのです。日本はまだまだFree Wifiエリアが少ないので。



d0367842_03071533.jpg


初めての埼玉県ふじみ野駅下車。駅から徒歩20分にある大井弁天の森。


d0367842_03081002.jpg



そこは緑が深く、とても気が良いのです!



d0367842_03083514.jpg


散歩したり、太極拳したり、ジョギングしたり・・そんな住民の姿が見られ、この森を満喫されているようです。



d0367842_03084963.jpg


蛇のような


d0367842_03082353.jpg


お隣には、東原親水公園があります。


d0367842_03091499.jpg


その公園近くのあるカフェ”アクトゥルス ”へ。


d0367842_03092676.jpg


そう、目的はうさと展でした!
日本滞在中、日程が合うとつい行ってしまう”うさと展”。



d0367842_03095898.jpg


この時、店内は二人だけでしたので、ゆったり見ることができました。



d0367842_03094727.jpg

大抵は試着室が満員だったりと落ち着かないことが多いです。


d0367842_03133255.jpg


うさと展を開催するカフェやショップは、ナチュラリスト系が多く、お店の雰囲気もよいし、癒されます。エコやヘルシーな商品も販売していたり・・。そんな出会いも嬉しい。


d0367842_03101085.jpg


チェンマイで作られる天然染めの手織り服。お気に入りがありました!


d0367842_03143809.jpg


この近くに日帰り温泉があるというので、温泉好きとしては寄ってみることに。

真名井の湯といい、眞名井神社は天橋立の奥地にありますが。

http://www.manainoyu.com/ooi/


d0367842_03134639.jpg


わずか1時間だけでしたが、
弱アルカリ性(Ph8.8)露天の岩風呂がとてもよかったです。


d0367842_03135782.jpg



次に高田馬場へ移動し、久しぶりに会う友人と予言カフェで待ち合わせしました!



d0367842_03151852.jpg


相変わらず人気のようで、少し待ちましたが、友人とお話もできたし、メッセージもいただきました。


d0367842_03153018.jpg


早口のわずか3分程度で伝えるメッセージなので、内容があまり理解できていないような感じではありますが(笑)前回来たのは6-7年前でしたが、場所変わりましたね。



d0367842_03154133.jpg


そして、夜は友人Kyokoさんと3度の臨死体験をしている木内鶴彦氏の後援会へ。
人間誰もが経験する死後の世界を彼の体験を通してお話してくださいます。

なんと満席でした!


d0367842_10162726.jpg


肉体を離れ、自由に瞬間移動した体験など、その体験により人生論や物事の見方、地球環境への考え方も変わったそう。また、過去も未来も瞬時に移動が可能で、幽体離脱している時、生きている人とのコミュニケーションできないが、人の肉体に入り込むことで、できるのだと。いわゆる憑依ですよね。頭痛の症状がそうらしく・・・

そして、死後=5次元の世界はつまらないのだとか。なぜならすべてが満たされているから。

ビックバンとは、微粒子の引き寄せ合い。1つの固まりになったものが爆発したことをいうと。

人間の源は藻といわれ、福島の原発にも、放射線が栄養となり藻が作られ始めたとも話されていました。

鬱には、真っ赤に焼けた鉄を水に入れたジューッという音が効果あるのだと言っていました。他には、発酵食品や生命生態系、彗星や天体などのお話も。

また、彼は彗星発見者としても有名で、2126年8月14日の10:35(日本時間)にインド洋付近に直径20kmの隕石が落下すると計算されているようです。木内氏が発見した彗星てことで。118年後、それまでになんらかの対策がなされるとは思うのですが・・。



d0367842_03145992.jpg


木内氏出版の本「臨死体験が教えてくれた宇宙の仕組み」、
私も読んでいたのですが、印象深い内容を紹介します。


d0367842_03141160.jpg


守護神やハイヤーセルフ、HSとは未来の自分!やはり守護的存在は自分自身なのでしょうか。過去も未来も全てここにある!!そして、全てが我ともいいます。



d0367842_10132289.jpg


死後のワンネスへの感覚は、こう表現されています。


d0367842_10135261.jpg



他「臨死体験で明かされる宇宙の遺言」「臨死体験3回で見た2つの未来」など、いくつか出版されています。興味ある方は、どうぞ!




170.png東京滞在では、毎日個人セッションもしていました。
その中のクライアントの一人、元NY在住で、手作りパン教室やコーチングをしているMさんもいらっしゃり、お土産ににゃんあんパンを作ってくださいました。可愛くて食べられない?!創作力もあり、多方面にて活動していて頼もしい。ありがとうござます!



d0367842_03164042.jpg


歌舞伎町へ行く機会もありTimes Sqとどちらが明るいか比較してみたく・・・Times Sq.の方が断然明るいです!各ネオンのサイズが大きいてことですね。



d0367842_03164819.jpg


30年以上のおつきあいなる友人らとの会食も楽しみ・・・

友人でありクライアントでもあり…、皆、酒豪? アッいや、仕事熱心なのです!
元気でいてくれることが何より。



d0367842_04070117.jpg



*6/1、いよいよ旅の始まり・・・奈良へ移動します。

まずはプラン通り、生駒山、奈良の寺・神社へと参ります。


d0367842_03172189.jpg


「④.奈良の生駒山スリランカ王国”Luck Garden"とパワスポ宝山寺」へつづく





花びらのようにモフモフヘアーのプッチーくんのお昼寝ポーズ。



d0367842_04085366.jpg


自慢の長~いシッポも僕の特徴だにゃ。


d0367842_03170025.jpg



*2014年の8月 広島にゲリラ豪雨が降り、土砂災害が発生した。あの日、宮島に泊まっていたのですが、夜中に何度も激しい雷雨とバケツをひっくり返すような雨に驚きました。
また、宮島ではミラクルな出来事もあったのですが、その時の日記です。よろしければ・・・





今も多くの方々が、日本各地で祈りをささげています。

私も引き続き日本の強さを信じて祈りたく思います。173.png








精神世界ランキング 日記・ブログランキング 写真ランキング 旅行・観光ランキング
[PR]

by yukistar888 | 2018-07-11 12:42 | 日本の旅 | Comments(2)

Commented by すっとこ at 2018-07-14 09:59 x
うっわーーーーーーーーーーーーーん!

プッチー王子🤴の寝姿が
一瞬 龍に見えてしまいました!

豪華毛皮が 豪華ウロコ模様に
見えちゃったんです。

そういえば 長い尻尾も龍のよう?

プッチー王子🤴は猫龍なのか❣️❣️
Commented by yukistar888 at 2018-07-15 15:13
さすが龍神さまに仕えるすっとこさん!
プッチーも龍神様のつかいでしょうかね。なる。
猫流な猫龍?!
そんな猫龍どんも夏は雷や花火が上がるもんで、
パニック猛ダッシュ to under the bed!なわけです。
どうやら聴覚が良すぎるらしく・・・