⑤.奈良の聖地巡り前編&夏のNY植物園とEM菌活+星メッセ

173.png7/28は皆既月食と満月、更に火星接近も重なり、なんと眠い日だったことでしょう。その数日前からは身体はだるく、ぼんやり気分(いつもですが)で、満月前後3,4日続きましたが、いかがでしたでしょうか?右下に小さな点・・・それが火星ですが見えますか?



d0367842_14222944.jpg



NY地方は、7/22ー7/26の期間毎日、台風前のような蒸し蒸した風も強く荒れたお天気続きでした。27日に久しぶりに晴れたものの、夕方から夜にかけて雷雨でしたが、夜中に雨も上がり、雲の合間から満月が見られたので撮影してみました。眩しいくらい煌々とパワフルに輝く満月でした!


d0367842_14231485.jpg


フルムーンパワー感じられましたでしょうか。


d0367842_14243893.jpg


7/31は火星が大接近で、通常の7倍の大きさに見えるそうです。


【Keiko占星術】より:

皆既月食の大イベントは過ぎ去ったものの、情熱とスピードの星-火星のピーク。火星が地球に最接近する瞬間の天空図をみてみると、火星は天空の第1ハウスにあって獅子座の太陽とオポジション(180度)

この火星―太陽のオポジションにはドラゴンテイルとドラゴンテイルが、火星と太陽の中間には改革・革命を促す天王星があって、「火星・天王星・太陽のTスクエア」を形成。

この天王星は「心(魂)の拠り所」を意味する第4ハウスなので、「今のままではいてはダメ!」ということ。すなわち「巣立ちのとき」

引越して一人暮らしを始めるとか、新しい仕事にチャレンジしてみるとか、いずれにせよ、長年続けてきたこと。ずーっと同じ状態でマンネリ化していることへ変化をつけた方が良い時期。

なぜ今のままでいてはダメなのか?そのままでは成長しないから。

「今のままで十分シアワセ?」という方はさておき、「不幸じゃないけど、なにか足りない」「今以上のことが私にはできるはず」と思ってるなら、このタイミングで新しいことにチャレンジするのもあり。

現在、5天体が逆行中なので、ここで本格的に動くのはまだちょっと早く、10天体のうち5天体が逆行中ということは、「猶予期間が与えられている」ということ。

この時期は本格稼働の下準備や根回しに充てましょう。 「成功の可能性がある」

3か月後には、12年に一度の「ジュピターイヤー」(射手座木星期)が到来。棚ボタやビギナーズラックが頻発する1年になるので、思い切ってチャレンジするにはいいタイミング。

「ジュピターイヤーは勇気ある者に微笑む」


 * * * *

11月からはじまる「ジュピターイヤー」。この時期は誰にとっても12年に一度の「超・ラッキーイヤー」なのですが、ラッキーイヤーならではの「落とし穴」もあり、それを未然に防ぐためには「風のエネルギー」を補うこと!

そこで活躍するのが「音」・「音楽」です~!その音や音楽が12星座それぞれのエネルギーに相応しい波動をもっていたら これはもう最強!




11月は、風のエネルギーと音に注目していきます♪




***************171.png日本の旅の続き、奈良編***************


*6/2
奈良の聖地巡りは、まずは橿原(かしはら)神宮から!

橿原神宮は、明治23年に創建された神社であり、日本において初代の天皇である神武天皇が祀られている神社。また、皇后である姫踏鑪五十鈴姫命(ひめたたらいすずひめ)皇后が祀られています。



d0367842_13230000.jpg



第一鳥居から南神門へ

d0367842_13231128.jpg


深田池に菖蒲の名残もアクセント。


d0367842_13231949.jpg


神楽殿


d0367842_13232699.jpg


南神門方面から外拝殿望む・・・広ーい本殿前の敷地


d0367842_13234174.jpg


外拝殿

d0367842_13233357.jpg


両脇に長い回廊を連ねた「入母屋造り」は昭和14年完成。

本殿は、京都御所から移築されたそうです。


d0367842_13224920.jpg


wedding coupleを見かけました。神宮の建築とマッチしていますね!


d0367842_13235262.jpg


続いて、日本一大きい大鳥居をくぐり三輪山方面へ


d0367842_13242779.jpg


日本最古の神社といわれている大神神社。


d0367842_13243687.jpg



こちらは3度目の参拝でして、前回は2011年5月と11月でした。
大神神社に関して詳しく記述しています。↓

当時の日記:










拝殿へ

2本柱の間を大注連縄が渡してあります。


d0367842_13252861.jpg


d0367842_13254598.jpg


古式ゆかしい十二単の結婚行列にも遭遇しました!感動!


d0367842_13253794.jpg


お隣の狭井神社へ。


d0367842_03582103.jpg


三輪山は、大神神社の御神体とされ、三輪山山頂へ参る方も多いです。
私は2011年に登ったので、今回はパスしました片道40分ほどかかったでしょうか。
しかし、7年前と比べるとかなり混雑している。


d0367842_03571766.jpg


こちらが有名な狭井神社の「薬井戸」と呼ばれている御神水。
467mの三輪山からの清水だそうで、万病に効くとされています。


d0367842_13255723.jpg


狭井神社手前にある市杵島姫(いちきしまひめ)神社の池には、すごい数の鯉?!


d0367842_13261044.jpg



大神神社といえども、三輪山を御神体にたくさんの神社が集結しています。


d0367842_10204878.jpg


大美和の社や若宮社・久延彦神社方面へ歩いてみました。

この季節に咲いているささ百合園があります。


d0367842_13262113.jpg


園内には、可憐な花も咲いています。


d0367842_13264089.jpg


休憩小屋があったので、周りに誰もいなかったので、こちらで音叉を奏でてみました。


d0367842_13263220.jpg


花水木ですね。


d0367842_13264860.jpg



大美和の社展望台からの景色
大鳥居も見えます。


d0367842_10374935.jpg


お隣の久延彦(くえひこ)神社へも寄ってみました。


d0367842_13420153.jpg

d0367842_01171890.jpg


こちらは、受験・進学・就職等の成就、「知恵の神様」祀られているそうです。


d0367842_01170577.jpg


立派な御神木


d0367842_01162592.jpg

その周辺の情緒ある街並み

d0367842_01173241.jpg

ご当地名物の三輪そうめん!


d0367842_01174168.jpg



葛餅も大好物です!
奈良は吉野葛も有名。


d0367842_01415462.jpg



★大美和の社での”地上の楽園”のような映像、水の音と共に。




https://youtu.be/09VwTSzdkHg





★最高に美しい鳥のさえずり動画




https://youtu.be/C1CdEJK2FR0



新緑の季節、鳥や水の音からも十分癒されました。


「⑥.奈良編-長谷寺の朝の勤行&インディアンの聖地@NY」へつづく





***********178.png NY編***********


*7/11
BronxのNY植物園(NY Botanical Garden)へ行きました。3年前 毎年恒例である菊展準備のボランティアをしたことがあります。


d0367842_13271601.jpg


レストランやカフェはもちろん、広大な園内をトラムで周ったり、森のトレイルを歩いたり、Rock Gardenの滝では、プチシャスタ気分が味わえたりします。



d0367842_13285215.jpg


今回は、NY Botanical Garden(植物園)に勤務しているTakaちゃん訪ね、ランチタイムに一緒にHaupt Conservatoryで開催している"Hawaiian Paradise Garden観賞と、Takaちゃんが手掛けたアメリカメダニズムの母と呼ばれる女流画家、Georgia O'Keeffeのハワイのビジョン展(10/28迄)を鑑賞しました!



d0367842_13272859.jpg


この時期は、ガーデンの花々も華やかです!


d0367842_13274671.jpg


大好きな紫陽花も満開で嬉しい!


d0367842_13273508.jpg


d0367842_13280295.jpg



紫陽花や百合、他 夏植物が華やかに出迎えてくれてます。


d0367842_13281029.jpg



Haupt Conservatoryで開催している"Hawaiian Paradise Garden観賞へ。


d0367842_13282210.jpg



美しいコロニアル調といいましょうか。大好きなスポットです!


d0367842_14261888.jpg


トロピカルガーデンでは、ハワイアンミュージックもかかり南国気分。



d0367842_14302221.jpg


d0367842_14350314.jpg


数種類のハイビスカスも観られました。


d0367842_14354696.jpg


この花は妖精みたいで可憐でした!


d0367842_14352703.jpg


南国果実パパイヤも実っている。


d0367842_14351827.jpg


d0367842_14362409.jpg


棚ボタとして・・・まさか蓮の花に会えるとは。


d0367842_14365264.jpg


NYで、ここまで蓮の花が見られるのは、ここだけかも。


d0367842_14372181.jpg


期待していなかっただけに嬉しくて・・・


d0367842_14382646.jpg


黄色い蓮の花は初めてかも。


d0367842_14371245.jpg



展示中のGeorgia O'Keeffeの作品にもありました!


d0367842_14505882.jpg


d0367842_14383873.jpg


水曜日は入場料フリー(exhibitionは別料金)で、野菜果実やパン、ジャムやタイ料理のマーケットが出店されます。CT州のbakeryは一押し(〜3:00pm)でした!



d0367842_14430025.jpg


ランチに、野外でタイ料理いただきました!お薦めです!

d0367842_14475081.jpg


Mertz Library Art Galleryで展示されているアメリカメダニズムの母と呼ばれる女流画家、Georgia O'Keeffeのハワイのビジョン展(10/28迄)。


d0367842_14480814.jpg


こちら、Takaちゃんが手掛けた展示会場になります。


d0367842_14481843.jpg


現在溶岩流が活発なハワイ島のコーナーも。


d0367842_14570027.jpg


NY植物園内には、黒っぽい毛のリスが目立ちました。

Takaちゃんいわく、白いリスが黒いリスを虐めるのだとか…人種差別というかリス種差別?!


d0367842_14341361.jpg


Rock Gardenの滝。


d0367842_14521996.jpg


ちょっとしたシャスタ気分が味わえますよ。


d0367842_15160713.jpg


なんという花だったでしょう?昆虫とか食べてしまうのではないかな。



d0367842_14524317.jpg


巨石もポツンと。


d0367842_14551500.jpg


この総立ちの植物は、サラシナショウマというらしく、英語ではBugwort, ヨモギはMugwortですね。


d0367842_14573111.jpg


森の中のトレイルを歩いてみました。こちらはエネルギーもよく、瞑想にもよさそう。

緑鮮やかで、お行儀よい感じ。



d0367842_14574030.jpg


園内には、太古の時代に流れてきた氷河だった岩盤の爪痕も。



d0367842_14575136.jpg


バナナの木もありましたが・・・


d0367842_14511455.jpg


こちらは昨年訪問したハワイ島での野生バナナの木。


d0367842_14514333.jpg


そして、植物園でのHeliconia の花。


d0367842_14512281.jpg


こちらは、ハワイ島のB&Bの庭に咲いていたもので、
毎日雨が降る常夏の気候や自然環境で育つと、こんな立派に。


d0367842_14515284.jpg


鮮やかな緑に囲まれた植物園でリフレッシュしました!

今年の夏休みは長期で出かける予定はなく、単発での外出プランなので、これは夏休みのアピタイザー⁈かな。






*7/19

毎年参加させていただいているEM菌活動。この夏も恒例のハドソン川でのEM団子投げが・・・。



d0367842_14581526.jpg


ナチュラリストのSenkoさんやTerryさん中心に、今回はアメリカ人たちの方々も初参加し、12人で行われました。TerryさんがEM菌について説明。


d0367842_14582409.jpg


何が始まるのか?とグースファミリーも寄ってきました。餌じゃないんだなぁ。


d0367842_14583219.jpg


また、日本からいらしている仙人のようなシャンタンさんも参加し、まずは皆で輪になり彼の音頭で儀式。三昧琴を鳴らしてくださったので、私は音叉で。


d0367842_14585214.jpg


川の水が浄化されますよう・・・一昨年秋には、鯨もこの辺りに来たそうなので。



d0367842_15015044.jpg


12人でしたので、アッという間に終了!


d0367842_15045911.jpg


この後、ある目的もあり、急遽NY郊外のStony Point Centerまで行くことに。
こちらはリトリートセンターで、主にNewAge的なイベントが多いのかな?随分前に日帰りで、あるイベントに参加したような。



d0367842_15020769.jpg


ワークショップや集会、また宿泊施設もあり、心地よい自然環境にあります。ガーデンに大きな樹木があり、皆で祈りました。



d0367842_15054891.jpg


シャンタンさんは、「行き当たりピッタリ!」と。


d0367842_15074105.jpg


祈りの後の光

d0367842_15061622.jpg


d0367842_15060646.jpg


瞑想ルームがあるというので見物。


d0367842_15051915.jpg


キバのような円形の建物で素敵な空間です。


d0367842_15105844.jpg


マッタリ中のヒーラーAさん!

d0367842_15112283.jpg


ダンスしたり音を奏でたり・・・これは気持ちいー!と口々に。


d0367842_15110698.jpg


皆で記念撮影しました!


d0367842_15080869.jpg


仙人のような風貌のシャンタンさんとは今回初めてお会いしましたが、実は有名なお方?!
ご存知ない方へご紹介致します。

【宮井陸郎(アナンド シャンタン)さんのプロフィール 】

世界のスピリチュアル・ワールドを 縦横無尽に駆け巡る風の旅人。

・1960年代:映像作家として活躍し、 アンディウォーホルに師事。
・1970年代:インドの宗教家・ 神秘思想家のOSHOの元で瞑想を学ぶ。

 サニヤシン(弟子)、 ワンネス上級 トレーナー
・1975年:OSHOがプーナに入った時、 OSHOのところに入った最初のグループの1人
・帰国後アナンドニケタン瞑想センターを立ち上げる。その後、シャンティ ユガ瞑想センターの創立に関わり、日本の多くの瞑想キャンプやグループをリードする。
・1974年:アンディ・ウォーホールを日本に招聘
・1990年代:インド、タイに遁世
・2000年代:カルキ・バガバンを日本に紹介 。「光の柱建て」や「ゆるゆる瞑想」を 各地で指導。
・2016年1月にロンドンのテイトモダン、2017年2月にシカゴ美術館にて、20代後半で制作した2作品を作家招待で映像展示され大喝采を浴びる


と、ハドソン川の水質改善の証拠として、ジャンボ牡蠣が捕獲されたそうです。19世紀終りには、市沿岸では牡蠣は豊富に採れていたそうです。20世紀になり水質汚染が重なり、その数は激減したそうですが、こうして再び天然の牡蠣が成長したことは朗報ですね。でも、食用にはちょっと躊躇いますが。


d0367842_13303874.jpg


7月後半の雲

ミジンコ風?!

d0367842_15113989.jpg


羽のような雲が散らばっている。


d0367842_13134648.jpg


d0367842_15115502.jpg



悪天候の日は、プッチーくんの睡眠時間はより長く・・・熟睡ちう


d0367842_15154905.jpg


お土産は日本のお菓子・・・僕は食べられへんにゃ。


d0367842_15154132.jpg


7/20の朝陽とグースのお散歩。キラキラでした!


d0367842_15120658.jpg



7月も終わりますね。短いNYの夏を引き続きエンジョイしたいと思います。

最後まで読んでくださって、ありがとうございます!101.png








精神世界ランキング 日記・ブログランキング 写真ランキング 旅行・観光ランキング
[PR]

by yukistar888 | 2018-07-29 14:34 | 日本の旅 | Comments(2)

Commented by すっとこ at 2018-08-06 05:12 x
アハハ!「行き当たりばったり」ではなく
「行き当たりぴったり」!

アンディ ウォーホールを日本へ招聘した
【ぴったり】な方なのですね。

それにしてもプッチー王子🤴の熟睡
っぷりと来たら!
こんなに可愛がられてるから お顔の
すぐ前で撮影されても ぐ〜すかぴ〜。

後ろの鏡に その様子がバッチリ写って
いますニャー。
行き当たり【バッチリ】👍❣️
Commented by yukistar888 at 2018-08-12 09:11
体調崩していたのと夏休みが重なり、返信遅くなりましたー!
アンディ ウォーホール氏は、私がNYに住む前に逝去しているのですよね。

シャンタンさん、日本でのワークショップは超人気のようです。
いろんな知識ご存知で頼もしい方。78歳なんだそうです!

プッチーの寝顔襲うおばちゃんの姿、ここポイントです!うふふ。
最近、雷雨多く、ビビリ回数が増えておりまする。(泣)