⑩.異次元思わせる秋吉台と景清洞&ダブル星ゆきコラボのリポート


10月になりました。今年も10,11,12月の3か月となりましたね。

この夏の激しい気象も次第に落ち着いてきている・・・と思いきや、日本では依然台風接近のニュース。6月から続く台風。この5ヵ月間に及ぶ不安定な天候は単なる海水温度上昇によるものなのでしょうか。NYでも、9月から集中豪雨の日が多いです。そして、9/28はインドネシアでM7.5の大地震と津波が発生し、10/3には、そのインドネシア中部スラウェシ島のソプタン山がで噴火したようです。そんな噴火のタイミングで、私は寝込んでしまいましたが・・・。(泣)


米東海岸では珍しい沿岸に連なる細長い雨雲

d0367842_13303758.jpg



今(10/4現在)、太平洋上では3つの台風が発生していて、地球全体の気流が以前より激しいように思います。集中豪雨や台風、そして地震と続く自然災害による被害やそれに伴う経済の落ち込みもありましが、日本の自然災害時の様子を見ながら感じたことは、交通網が麻痺する前に、被害が少なく済むよう、外出を控え自宅待機、もしくは早めの避難など、事前対策をしっかりする必要があると思いました。アメリカでは、ハリケーンや大雪の前日より学校閉鎖や自宅待機通達、大型ハリーケーンでは公共機関もストップします。


d0367842_13282079.jpg



では、日本の旅の続きなりますが・・・

***************171.png日本の旅のつづき***************


5,6月の日本の旅では、奈良の室生寺に続くメインは秋吉台でした!

ずっと行きたいと思っていた念願のスポットであり、関西方面では修学旅行に秋吉台へ行かれると聞きました。調べてみると秋吉台のはじまりは、原始時代よりずっと昔 3億5,000万年の記憶を持つ絶景スポット。長~い時を重ね、このような地形となったそうで、日本の原点を感じられるような・・・そんなワクワクがありました。



本州にこれほど広大な緑の山々と高原があるとは・・・驚きです。


d0367842_13341197.jpg



最初に景清洞を見物しました。
秋吉台には453程の鍾乳洞があり、周辺には、秋吉台科学博物館、秋吉台エコ・ミュージアム、秋吉台国際芸術村など、学びや文化に触れる施設が点在しています。



d0367842_13342525.jpg


総延長1,745mの景清洞の洞内は、遊歩道と照明の整備された観光洞部分が800m。


d0367842_11532137.jpg


ハワイ島の溶岩トンネル”ラバチューブ”にも似ている。


d0367842_13343789.jpg





その先400mは真っ暗な探検コースで、地底湖を経てさらに先まで洞窟は続いているそう。探検コースは天井低く真っ暗で懐中電灯を照らしながら低姿勢で歩くようなので、そちらはパスしました。


d0367842_13344350.jpg



今年7月にタイで少年たちの洞窟遭難事件がありましたが、あの事件後だったら、長居は躊躇していたかもしれませんね。
特に天井の低い場所では、閉所恐怖症の方には厳しいかもしれません。


d0367842_13345083.jpg

竜神の森

d0367842_13350068.jpg



鍾乳洞の石灰岩に触れてみる。ポタポタと雫が落ちているところもあり・・・


d0367842_13351019.jpg




洞窟内で聴いた癒しの雫音をお聴きください。



https://youtu.be/2ty_6P_4wis




景清の緞帳

d0367842_13360089.jpg


お地蔵様も。

d0367842_13362886.jpg


丘に登れるところも。


d0367842_13363849.jpg



天井にはたくさんのコウモリがいて、鳴き声も聴こえました。


d0367842_13364538.jpg



出口周辺に靄がかかっていて幻想的でした。


d0367842_13372743.jpg



湿度が高いので、南国風植物たちが生息

d0367842_13381563.jpg


そして、いよいよ待望の秋吉台へ。

秋吉台は、山口県美祢市中・東部に広がる日本最大のカルスト台地。北東方向に約16km、北西方向に約6kmの広がりを有し、台地上の総面積54km²、石灰岩の分布総面積93km²、台地面の標高180〜420m



d0367842_13390143.jpg


秋吉台の始まりは今から3億5,000万年前。南方の遠く温かい海でサンゴ礁として誕生した。そのため秋吉台の石灰岩には、古生代時代に海に生息していた生物の化石が多く含まれているそうです。何千年~何億年とかけて、海から山へ堆積しながら移動した石灰岩の厚みは、500m-1,000m。そこに雨水が流れ、長い時間を掛けて石灰岩が溶け、今の地形になりました。


d0367842_10112832.jpg


雄大なるグリーンカーペットのよう。


d0367842_13390987.jpg


良質の草原を維持するために行われる山焼きは春の訪れを告げる風物詩となっています。


d0367842_13384034.jpg



石灰岩の岩肌の迫力を感じるには、山焼き後の5月までがおすすめとのこと。梅雨になると草丈が伸び、石灰岩が隠れてしまうそうで、私らは丁度、梅雨入りした頃の訪問になっていたので、石灰石はやや隠れ気味。

小雨が降ったり止んだりの天候でしたが、炎天下より日焼けも気にせずで、それもよかったかも!そして、お気づきでしょうか?なんとこの日は秋吉台貸し切りでした!私ら以外誰も歩いていませんでした。



d0367842_13392519.jpg


ゴツゴツした石灰岩の白い岩肌が辺り一面に群がる地獄台は、雄壮な雰囲気に包まれています。2月の山焼きの後、春の訪れを告げるのはオキナグサという赤い花。春から夏にかけて、キキョウやコオニユリなど、色とりどりの花が咲きます。秋になると、辺り一面がススキ野原に。ススキに覆われた大地が日の光に輝く風景は、息をのむほど美しい自然が生み出す芸術とのこと。


d0367842_13385272.jpg


d0367842_13420038.jpg



この白いレインコートは、ご縁あったタクシードライバーからの贈り物でした。というのも、萩観光のあと、車内に傘を忘れてしまった私。ドライバーのSさんに連絡すると、数時間後にホテルまで傘を届けてくださったようで、しかもレインコート付きで。翌日私らが小雨の中、秋吉台散策することを知っていたので・・・そんなお心遣いも嬉しく。やはり良い方でしたね。


ハイキングしながら、植物観測も楽しみました。

d0367842_13393534.jpg


このような植物を見かけました。


d0367842_13395991.jpg


d0367842_13400782.jpg


d0367842_13401535.jpg



地獄台から冠山の頂上、標高377mの冠山の山頂から眺めると、あちらこちらが窪んでいるそうで、それは「ドリーネ」と呼ばれるカルスト台地特有のもの。石灰岩の割れ目に雨水が浸み込み窪んだためにできたもの。西の方角には、採石場も見えて、そこは、白(石灰岩)、赤(銅)、黒(無煙炭)の鉱山物に恵まれた土地。


d0367842_13394335.jpg


このくらい静寂な世界でした。






ヒロリンも木の下で休憩。ラッキーなことに、散策中は雨には降られませんでした。



d0367842_13395157.jpg



奈良の大仏に使われた銅の産地、国内最古の銅山ともいわれている長登(ながのぼり)の地名は、”奈良登り”が訛ったものと言われ、また、旧日本海軍の軍艦に美祢の無煙炭が使われていたという。地形の科学から近代史まで、壮大な歴史のスペクタクルに思いを馳せることができるのも秋吉台の魅力かも知れません。


d0367842_13402587.jpg



カルスト展望台からも秋吉台の景色を眺めることはできますが、山頂で自然の風が吹き抜けていく感じるのがお薦めらしく、その清々しさはそこでしか味わえないとのこと。秋吉台でいちばん高い龍護峰(りゅうごほう)でも標高425m。


d0367842_13403787.jpg


鳥のさえずりが素晴らしく・・・癒されます。






11月の中旬から下旬、秋吉台のチガヤが赤く染まる様を、地元では”草紅葉(くさもみじ)”と呼んでいます。太陽の光に照らされて輝く風景はとても綺麗で、晩秋から冬にかけて、枯れ行く草原も趣があるようです。


d0367842_13404529.jpg


白いレインコートは白衣に見えて研究員のような。こちらで音叉を奏でました♫


d0367842_03311316.jpg




スニーカーで歩けるコースも多く、近年は、トレッキングやトレイルランニングを楽しむ人も増えているようです。



d0367842_13411481.jpg


なだらかで歩きやすく、広大なる高原大地・・・そんな異次元的な秋吉台の魅力を十分堪能しました!
ブルーウォーターの別府弁天池湧水に行けなかったのは残念でしたが・・・またの機会に。


d0367842_13412177.jpg

https://gurutabi.gnavi.co.jp/a/a_117/



こちらは宿泊した秋芳ロイヤルホテル秋芳館 からの景色



d0367842_03140956.jpg


次回は、日本三大鍾乳洞の”秋吉洞”へ続きます。







*9/16、

NYでは初めてとなったダブル星ゆきによるコラボをCRSのホワイトルームにて開催しました。





d0367842_13432484.jpg



まずは、ほしゆきさんによるソフトヨガ


d0367842_13434154.jpg



基本をしっかりじっくり。無理なく、1つ1つの動作の意味や効果なども丁寧に説明されていました。


d0367842_13444591.jpg


後半は、私によるサウンドヒーリング。


d0367842_13104203.jpg



CRSのホワイトルームで行うのは、初めてでした。


d0367842_13443791.jpg


参加者の皆さんと。ありがとうございました♪


d0367842_13084803.jpg



次回のリクエストもいただきましたが、いつになるか未定ですが、私たちも楽しみにしています。


余談ですが、このほしゆきさんとは、不思議と同時期に体調を崩すことが多いのです。
蕁麻疹が出た時も同日に胃腸の調子悪い時もそして、インドネシアでの噴火のタイミングも二人して体調崩していました。
同名は単なる偶然ではなく、不思議なご縁なのですね。



d0367842_13092007.jpg



コラボの日に見かけた雲。

d0367842_13495109.jpg


夕方には、龍雲も登場でした。

d0367842_13452221.jpg


9/25の仲秋の名月。


d0367842_13454185.jpg


綺麗な満月が見られました。


d0367842_13455527.jpg


9/24と9/27の雲の様子です。たくさんの龍雲が見られました。


d0367842_13462223.jpg

雲と共に・・・


{Keikoさんのホロスコープ}

 蠍座木星期のラストスパートが 始まりました。 去年10月から始まった「蠍座木星期」。

この1年を振り返ってみるとやはりハラスメント系の話題が多かった。
それもそのはず、「ハラスメント」は蠍座の支配分野。
正確にいうと「金と権力」を支配するのが蠍座なのですが、それがネガティブに出るとハラスメント、地位や権力にモノいわせた傍若無人な振る舞いとなるわけです。



d0367842_13463380.jpg



今回の蠍座木星期では、スポーツのゴタゴタが何かと話題にのぼってましたが、スポットライトが当たったのはスポーツそのものではなく組織と権力、内部抗争といったもの。これこそが蠍座的世界なわけです。

そして10/1、蠍座のルーラー(支配星)冥王星が、約5か月ぶりに順行に転じます。これはズバリ、「ラストスパートの合図」。
ここから11/8までの約1ヶ月間、「蠍座木星のエネルギーがMAXになる」と考えてください。

蠍座木星のエネルギーがMAXになるということは、木星に冥王星の力が加わるということ。

●再生 ●復活 ●大どんでん返し

こうしたことがあらゆるシーンで起こってくるでしょう。
 


d0367842_13465106.jpg


そろそろ冥王星の逆行が終わり、今回は何が合図になるのか、またまたスポーツ界の話題で、タイガー・ウッズが5年ぶり復活優勝!世界ランキング1位に。

蠍座のエネルギーは「フェニックス(不死鳥)」に例えられることが多いのですが、上の記事を読んでいるとまさに! ですね。タイガーウッズ氏、去年は逮捕という憂き目にもあい、どん底だったのでしょう。スランプを乗り越え、蠍座木星期に相応しい、見事な復活劇ですね。



d0367842_13464337.jpg


宇宙はいつもこんなふうにしてその時々のエネルギーを事前に知らせてくれるということ。

サインとなる出来事を見れば「どの惑星を利用すればいいか」が明確にわかる。いまであればもちろん、冥王星。というわけで明日、冥王星が順行に戻る瞬間の天空図を見てみると、冥王星は第2ハウスにあって、木星・冥王星・海王星で「幸運の小三角形」を描いてる。

 蠍座木星期のラストスパートはどうやら金運や収入面に効いてきそうです。できれば、このリッチエネルギーを射手座木星期(ジュピターイヤー)にそのまま引き継ぎ、それをさらにジュピターイヤーでグレードアップさせいところですが、実際それは、十分可能。というのも、今年の木星射手座入りは蠍座新月と同じ日に起こるから。



d0367842_13470479.jpg



2018年11月8日――この日は、蠍座新月にして蠍座木星期の最終日。

 そして、12年に一度めぐってくるジュピターイヤー(射手座木星期)のスタート日。ある意味、運命的な日ですね。カルマ的というか。
いずれにせよ、金運・収入面にかなり深く効いてくるので(よい意味で)、この日のエネルギーはさまざまな形で「自分のモノ」にしておきましょう。


d0367842_13471223.jpg


ダイナミックな雲の日でした。

d0367842_13472295.jpg




*9/27、NJ郊外にある私のお気に入り癒しスポットでもあるFarm Cafeに立ち寄りました。


d0367842_13475574.jpg


ここでは鶏が放し飼い。


d0367842_13480515.jpg


d0367842_13483855.jpg


ランチしていたら、雌鶏がオネダリに来ました。


d0367842_13481744.jpg


ここで買える新鮮卵。お世話になっています。


d0367842_13482945.jpg



その時に見ていた雲もゴージャスでした。

d0367842_13473930.jpg


d0367842_13493342.jpg


d0367842_13494166.jpg


d0367842_13491030.jpg



173.pngお知らせがあります!

10/7(日) 11-17時、CRSにて秋の大バザール”楽市楽座”を開催致します。

13名による手作りの祭典ですので、お気軽に遊びにいらしてください。

ビーガンカフェ、クリスタルジュエリー、エコ&麻グッズ、ウサト服、お惣菜、和菓子と抹茶、販売、自然香、フォトカード、手作り石鹸、陶芸、ニット&レース編みコースター、さおりアート作品、プチヒーリング、シルクスカーフなどなど、手作りもの盛りだくさんです。
私からは、陶芸とプチ音叉ヒーリング、クリスタルブレスレットと空フォトなどをご用意いたします。



d0367842_18452691.jpg



また、10/19は、久しぶりにマクロビ講師のKiyomiさんとのコラボを開催致します。

ご案内は、こちらKiyomi さんのブログからご覧くださいませ。
顔が切れている(笑)




https://artofworld.exblog.jp/30079287/




最近のプッチーくん。


d0367842_13522086.jpg


スマホ族の皆さん、僕みたいにストレッチしてくださいにゃ!

d0367842_13511910.jpg


未知との遭遇・・・プッチー光の道へ進むんにゃ。

d0367842_13502504.jpg

ドキドキ・・・

d0367842_13501826.jpg



最後に・・・今、転機を迎えようとしているかもしれない前兆がある方に送るメッセージ
ポイントだけ聴きたい方は、11:00からどうぞ!







最後まで読んでくださって、ありがとうございます。101.png








[PR]

by yukistar888 | 2018-10-05 12:58 | 日本の旅 | Comments(2)

Commented by すっとこ at 2018-10-07 23:17 x
ううううううううううううううううううむ!

長州人のすっとこも知らないパワースポット
ばかり!勉強になりました。

しかし《 星ゆき》という作り物のような
(失礼!)お名前の方が この地球上にいらっ
しゃる不思議❗️こんなことがあるのですね。

そして ひたすら可愛い
プッチー王子🤴ですよね❣️
なにはなくともまずプッチー❗️
思い出すのは まずプッチー。

拙ブログにて「プッチーをもっと
登場させて」というご要望を頂き
ましたよん💖

Commented by yukistar888 at 2018-10-09 12:04
ありゃりゃ。秋吉台は、有名ですね。
ハイキングに最高のスポットですね。ただ真夏は無理かもです。^^;

同じ名前の女子がNYにおります。色々 共通点も多く、なるほどです。

お陰さまで、プッチーファンが増えていますね。
王子だから、しゃーないかな?ありがとうございますにゃ^ ^